いいかげんなブログ

160,000 kills達成ヨダ。あと90,000ヨダ。

GW2 - Mythwright Gambit - Qadim Kiting Squad

Qadimのカイティングチームについて。

要点・参考ビデオ

カイティングチームの要点。

  1. KiterがQadimの攻撃を受け持つ
  2. 1人がLava Elementalを残らず処理する
  3. 死なない

グループ毎に戦法の違いはあると思いますが、今回はこちらの模範的なカイターペアを紹介します。なおこれはchllenge moteです。

www.youtube.com

Zergチームがフェーズチェンジに漕ぎ着けるまで、これを2人で頑張ります。Lava ElementalがQadimに到達する毎に、1スタック辺り20%ダメージが上昇するbuffが付きます。1匹残らず処理しましょう。 

こちらはノーマルモードで、最初~最後まで通したビデオです。2回目だったと思うので煮詰まっていない点もありますが、参考までに。

ポジショニング

まず、距離をQadim > Kiter > Elemental処理の順に保ちます。Kiterが外側に行き過ぎてElemental処理にターゲットが行かないようにします。

それを踏まえて、何故あそこに立つのか?(1つ目のCMビデオ)ということですが、これは触れてはいけない領域を全て避けようとすると自然とそうなります。

f:id:blueflake:20180928003955j:plain

まず開幕3点メテオが来ますから、そこには立ちません。残りはCMでバウンスしてくる火球と、フロアの金色の枠が導線になって火が付く攻撃です。外側の金枠と、CMの火球のカバーラインは同じです。

ノーマルモードに関して言えば、導火線のラインに立たなければ問題ありません。カイターは外周か、内周のライン間で、極力動かずタンクします。動くとLava Elementalを倒しているペア相手にQadimのオートチェインが当たりやすくなります。外周カイティングはノーマルでは必要ありませんが、予めCMに備えるなら、慣れて損はありません。

CMの火球は、他プラットフォームから順にバウンスして来るのが見えます。見てドッジで避けることも可能ですが、当たれば1発ダウンです。予め「うっかり」防止に外周でやるのが安全というわけですね。

ビルド

Thiefのベース

Power Deadeye | Snow Crows

動画DEのビルドは分かりませんが、僕のグループは普通のD/D DPSビルドに捻りを加えて、空いている武器スロットにRifleを持ち、Critical StrikesのGrandmasterをInvigorating Precisionに入れ替えています。Rifleの射程はKneelで1,500に伸びますから、定位置に付いたらKneelに入り、あとは動かず全コーナーに沸いたLava Elementalを即射撃できるというわけです。

IPは必須だとは思いませんが、scourgeは減ったHPを回復する能力は高くありませんから、このトレイトがあると世話ないのは確かです。

Scourgeのベース

Scourge - Support Healer - MetaBattle Guild Wars 2 Builds

動かず安定してQadimの攻撃をフェイスタンクできればOK。僕の場合は試しにtrinketをminstrelにしてみましたが、それで十分過ぎる硬さになりました。Qadimはtoughnessではなく、基本距離タンク(近い人にターゲットが行く)ですから、タンクには影響しません。

2018/10/1追記

実際にCMをやってみて、装備は硬い方が良いと思いました。バーンフェーズでスタックしたダメージアップbuffが、その後のカイティングフェーズに持ち越されるからです。Minstrel trinketを付けた状態で6スタックに耐えることは出来ました。

その他

Scourgeのカイティング以外の支援

Scourgeはカイティングの容易さ以外にも、幾つか役立つポイントがあります。慣れたらカイティングそのもの以外にも目を配ってみましょう。

f:id:blueflake:20180928101222j:plain

Staffも有用です。#2は自分や味方の足元に置いてregen、#3#5はLava Elementalの足止めに使えます。Burnやvulnerabilityがスタックした場合、#4でQadimに擦り付けることができます(この時点でQadimにダメージを与えることはできないが、conditionを擦り付けることは可能。2つ目のビデオ7:00~参照)。Dagger/torch面でもdagger#3にimmobが付いています。

これらのCCは、zergと合流後も同様に利用できます。Scourgeヒーラーを選ぶメリットの1つでもあります。Druidにも同様のスネアはありますが、位置指定AoEが多いためより使いやすいです。

他のProfessionの組み合わせはどうですか

最初に挙げた①死なない②Lava Elementを残らず処理する、という目標が達成できれば何でもいいです。今回は単に、現時点で分かる中ではScourge + DEが優秀で、そして自分達でも使っているため、例に取りました。

他professionで考えられる課題を、幾つか挙げておきます。

  • Druid kiter:基本的に、減ったものを回復することしかできない。そしてその回復がCAに大きく依存している。2人ではCAが貯まりにくい。動かず安定してタンクを行うという点で、苦戦が予想される。
  • DPS:安定したranged DPSがベター。Range 900ぐらいだと、端から端までは攻撃が届かない。動くか、内周寄りに位置取りする必要が出てくるため、ややリスキーではある。仮にHPが減った場合のリカバリー性能も、高い方が良い。Scourgeはバリアは素晴らしいが、1度に大量のヒールはできない。IP Rifle DEはその課題を同時に克服できている。

空から火球が飛んできて死ぬんですけど

HydraのCCが遅れると、カイティングチームにも火球が降ってきます。Elemental掃除の人は当たるとほぼ即死です。カイティングチームが直接、これに関してできることはありません。ZergにCCを頑張ってもらいましょう。

なお、他のcheeseな組み合わせの情報は随時募集しております。優良情報提供者には50 gold ore(真顔)を進呈いたします。