読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいかげんなブログ

Guild Wars2をプレイ中です。Pug以外では逃亡しませんです。

GW2 - Twisted Castle(非正攻法)

略してTC。ここではポータルを使用して総移動距離・必要なスイッチ数をカットする、非正攻法を書いてみる。

順路

Wikiのを参考にしてみた。たぶん大体合ってる。

<Mesmerが準備するもの>

  • Descent into Masness(Chaos - Adept 落下ダメージ軽減)
  • Portal
  • Swiftness

f:id:blueflake:20170508203317p:plain

灰色の線・文字は、正攻法で通る。

  • スイッチは全7個。この方法では5個のみ必要。
  • 物理的な扉はスイッチを押すことで、ピンク色の半透明のポータルは付近のWhite mantleグループを全滅させる事で開く。つまりポータルの解放が絡まないWhite mantleグループは倒す必要がない。
  • F出口の分岐点で、Gの傍にMesmerのポータルを設置する。扉Hのフレームに着地し、ポータルを繋ぐ(要落下ダメージ軽減トレイト&Swiftness推奨)。紫色の扉と視線を合わせていると、高速でMadnessが溜まっていくので、ポータルを待っている間は紫色の扉に背を向ける。
  • ポータルで降りた後は、扉Hを開く為、階段下のWhite mantleグループを倒す。複数のHaunting Statueがいるため、1人は階段上に残ってStatueと視線を合わせて固定しておくのが望ましい(階段がStatueに封鎖された場合でも、ポータルでZergを階段上に転送できるMesmerが向いていると思われる)。
  • スイッチ4→5は逆にできない。

<参考動画>

Haunting Statueに触れているのは、全て故意(手早くスタート地点に戻る為)どうせパーティでやるのに何故、敢えてソロ動画を参考にするのか?と思うかも知れないが、ソロでやっているという事は...

  1. 正しい順番で
  2. 必要なスイッチを押す工程が
  3. 順を追って1度に全て見れる

逆にグループで一部分をしている所しか見れないものより、実は解り易い。10人ならこれを分担して同じ順で再現すれば良い(脇道に逸れてスイッチを押すところだけ、1人ずつ離脱する)。

エフェクト

  • Madnees: TC内で徐々に溜まっていく。80, 90スタック目でFear(よく落下死の原因になる)100スタックで即Defeated。実質の制限時間と言える。
  • Chaotic Haze: 一部、紫色の"Window"に攻撃される通路を通過中に付く。
  • Soothing Waters: 泉から得られる。手を付ける→Madnessのスタックを防止する。飲む→Madnessスタックを減らす。
  • Still Waters: Soothing Watersを得ると付く。暫くの間、再度泉を利用できない。

オブジェクト

  • Haunting Statue: 触れるとTCスタート地点まで戻される。移動速度が早いので単純に走っては逃げられない。非常にタフな為、現実的には倒せない。キャラクターと視線が合う事でCreeping Pursuitエフェクトが付き、移動しなくなる。Haunting Statueのある場所を通過しなければならない場合、誰かがStatueと視線を合わせて動きを止める。CC耐性は無いのでMesmerのFocus#4やDruidのGlyph of the Tidesなどでコントロール可能。Evadeは無効だが、テレポート系スキルで超えることは出来るのでLighting Flash, Blink, Shadow Stepなどは有用。
  • 噴水: インタラクトする事でSoothing Watersエフェクトが得られる。

因みにWikiにあるのはポータルを使わない正攻法(?)で全体を2グループ程度に分ける。こちらは総移動距離が長く、全スイッチを押す必要がある。
File:Twisted Castle Map.jpg - Guild Wars 2 Wiki (GW2W)