いいかげんなブログ

Guild Wars2をプレイ中です。意識の高いPvWerです。

GW2 - Bastion of the Penitent: Samarog

Bastion of the Penitent 3ボスSamarogに関する備忘録。

パーティ構成例

  1. PS, Druid, Chrono, DPS, DPS
  2. PS, Druid, Chrono, DPS, DPS

Condition PS Warは、ここではShattering Blowを抜いてWild Blowを入れても良い。Rigomを押し出すのは基本MesmerのPullとDruidのLongbow#4で間に合うけど、予備のLaunchとして使える。それと対Breakbarとしても優秀な為。

DPS
ほぼ常に張り付けるので、特別不利なクラスはない。僕のところはMOでNecroをやる人がTeefに変わって、鍵開け&SamarogでそのままTeefをプレイしてる事が多い。Breakbarに合わせてBasilisk Venomを使っていた。

ボス戦

このボスの特徴として、まず会場の外側に大量の槍があり、これらに当たると即死する。そしてそれを狙うようにLaunch, Knockbackを伴う攻撃が多い。

エフェクト

  • Fixate: Samarogが付いてくる。10%(Breakbar)毎にターゲットが変わる。

ボススキル

  • Brutal Aura: レイドボス特有のパッシブダメージオーラはSamarogにもある。Enrageになるとかなり痛い。
  • Claw: 通常攻撃。結構痛いがSamarogの背後にいれば当たらない。
  • Shockwave: Tequatlのショックウェーブと似ている。こちらは当たるとLaunchを受ける。ジャンプまたはドッジで避けられる。ブロックは不可。
  • Prisoner Sweep: 槍を左右に2回振りかざす(2回攻撃判定がある)。これを受けると長距離Launchを貰って、そのまま場外にふっ飛ばされ死亡という事がよくある。攻撃範囲は広く、前方180度に居れば当たると思って良い。
  • Brutalize: Breakbarを伴う攻撃。10%毎に発生。Fixatedのプレイヤーが捕えられ、死亡するかBreakbarを破壊するまで行動不能になる。Matthiasの生贄に似ているが、こちらは捕えられている間もヒールを受けることが可能。

f:id:blueflake:20170506130021j:plain

  • Inevitable Betrayal: 66%以降に発生。2人がランダムに選択され、1人には赤いサークルが、もう1人には緑の小さいサークルが足元に付く。このサークルは数秒間付き、消滅した時点で2人が重なっていないと大きなダメージを受ける。基本的に赤いサークルが付いたプレイヤーはZergから離れ(Samarogの前方は危険なので極力避ける)緑のサークルが付いたプレイヤーがそれをフォローすると良い。

f:id:blueflake:20170506125842j:plain

  • Spear Impact: 地面に出現する槍。AoEの中に立っているとFearやTauntの他に、大きなダメージを受ける。近くに出ると厄介だけどMeteor ShowerやEntangle等の広範囲AoEでボスと一緒に巻き込んで破壊できる。ただEntangleはGuldhem&Rigomに使用するので66%, 33%が近い場合は温存する。

f:id:blueflake:20170506125301j:plain

  • Bludgeon: 33%以降で見られる行動。槍を振り下ろして攻撃。ノックダウンと大きなダメージを受ける。

フェーズ別

100%~66%
  • FixatedになったプレイヤーはSamarogを中央まで引く。
  • その他はSamarogの背後に立って攻撃(通常攻撃、ショックウェーブ、スウィープの被害を最小限に抑えるため)。
  • ショックウェーブはSamarog本体の中心よりやや前方(持っている槍を地面に突き刺した地点)から発生する。故に後方にいると見て避け易い。Samarogはショックウェーブ中動かない為、Fixatedの人はショックウェーブの時だけ若干背後に回って、ショックウェーブが終わったら元のポジションに戻っても良い。
  • 10%毎にBreakbar。Breakbarに失敗すると1人がそのままDefeatedになる場合もあるので、DPSだからとか関係無く、全員でCCに集中するのが好ましい。
  • 地面にポップした槍のAoE内に入らない。

フェーズ1はこれぐらい気を付ければ大丈夫。

66%~33%

ここからInevitable Betrayalのメカニックが加わる。ランダムに選択された2人にそれぞれ、赤いサークルと緑の小さいサークルが数秒間に付く。サークル消滅した時点で2人が重なっていないと大きなダメージを受けるので、よく見ておく。赤いサークルが付いたプレイヤーはZergから離れる。緑が付いたプレイヤーがそれをフォローすると良い。Samarogの前方は危険なので極力避ける。その他は基本フェーズ1と同じ。

33%~0%

ここからBludgeon(ノックダウン攻撃)が加わる。ただこれも後方に立っていれば当たらないし、吹っ飛んで即死したりするわけじゃないので、自分的にはボーナス攻撃パターンが加わったように感じる。その他は基本フェーズ1, 3と同じ。

66%, 33%(Guldhem&Rigom)

これはちょっとややこしいかも知れない。

  • 66% 33%になるとSamarogが奥に退避する(この時Samarogの移動コース上にいるとノックバックを受けて、そのまま槍に突っ込んで即死することが)。
  • Guldhem, Rigomが出現する(Fixated要素がある)。
  • GuldhemとRigomがシールドを持った状態で重なると、それらにBuffが掛かるので、極力2体をばらけさせる。
  • GuldhemはInvulnerability状態で、受けた攻撃をRigomに転送する。Rigomがダウン状態の間はGuldhemに攻撃が通る。
  • Rigomはダメージが通りCC耐性も無い代わりに、Guldhemが生きている間は不死身で、何度倒しても少し経つと復活してくる。加えてRigomは復活時にInvulnerabilityになる。
  • というわけで「GuldhemとRigomを極力ばらけさせつつ」「Guldhem→Rigomの順に倒す」必要が出てくる。
  • 2体が重なった状態でRigomをダウンさせると、Rigomがその場でInvulになってしまう。すると増々2体を引き離すのが難しくなり、スタックも貯まりやすくなる。それを避ける為に、2体を引き離すまではDPSを抑えて、Rigomを分離させた後にImmobをかけてDPSを出すのが好ましい。

それでこのビデオ中ではどうしているかというと

  1. Samrogの前で待機して(Fixatedがある為)MesmerのFocus#4→DruidのLB#4でRigomをSamrogのスペースに押し出す。この時点ではまだDPSを出さない方が良い。
  2. 2体を離したらImmobilized等でRigomを固定する(DruidとCondition rangerがEntangleを持っている。ConditionもGuldhemからRigomに転送されるので、Rigomの側に駆け寄ってする必要はない)。
  3. RigomをダウンさせてGuldhemのHPを削る。
  4. Rigomが復活してまた戻ってきたら、再び押し込んでImmobilized。
  5. 上記を繰り返してGuldhemを倒す(Guldhemが既に死にかけなら、もうそれ以上Rigomを押し戻さなくて良い)。
  6. Guldhemを倒したら、後はRigomを倒し切る。

Samarog前ならSamarog前と位置を決めて、そこから動き回らないのが何気に重要。Fixatedになった人がチョロチョロ動き回る事で、2体のコントロールが難しくなってしまう為。ここで時間を喰うとEnrageで失敗になり易い。Guldhemの攻撃はそこそこ痛いけど、逃げ回らないでヒールを待つ(仮にヒールが来なくとも、逃げ回るよりはその場でダウンした方がトータルで見ればずっと良い)。

ビデオ

Condition Ranger

Druid

EngはPowerビルド。SunかFrostか悩むけどSunが良かったかな。

Chrono