いいかげんなブログ

GuildWars2をプレイ中です。Dhuumマンはしにました。さようならDhuumマン。

GW2 - ホワイトマント工作員Salvation Passを行くの巻

この間書いたヒーラー仕様のTempestでSalvation Passをやれる機会があったので録画してみた。別にサボりたいからではない・・・決して・・・いや、レイドで1番楽なビルドなんだけど、それは偶然です。今回の任務はSalvation Passを管轄するMatthias Gabrelより、何らかのルートで同エリアに侵入したとの報告がある一団への潜入、および追跡を命じられた。いや、ホワイトマントバレバレなんだけど。

Sloth

何気に1番目を食べたのは初めてで、どこを食べるのか正確には分からなかった。迷っていたらPullされたので、それを口実に変身を解除した(笑)マーカーくれ・・・

シェイク(Slothから球が飛びてて、当たると大量のコンディションを受けるやつ)の後にCondition解除のOverload WaterもしくはStaff#5のHealing Rainが使えると良い。シェイク後はグループ全体の損傷が大きい場合が多いので、出来ればヒール量も兼ね備えているOverload Waterを合わせてみることにした。

一方Breakbar後のFearにはWater#5を合わせてみることにした。大体Gale Songトレイトで自動発動してくれるEye of the Stormで間に合うけど、保証はない。Gale Songは40秒のリチャージがある。Breakbar前にノックダウン攻撃やBoon反転でFearを貰ってそこでEye of the Stormが出てしまっていると、Fearの後Eye of the Stormが出ない。DPSが高過ぎても、40秒経つ前に次のFearが来てしまうことがある。Breakbarは80%, 60%, 40%, 20%, 10%のタイミングで固定。

Water#5のタイミングは、味方がBreakbarを削る速度に依存するので何とも言えない。もう出して良いかな、と思っても残り1ミリで急に止まることもある。この時は勿体ぶり過ぎて、何度か置くのが遅くなって中断されている。早過ぎても遅過ぎても駄目・・・ただ遅すぎるよりは早い方が良い。Healing Rainは6秒持続する。間に合わなければ結果何もしないのと同じだから、もうちょっと早めに出して良かったと思う。

不安ならユーティリティスキルのEye of the Stormも入れて手動Break stunも1つ持っておくという手がある。※ただしEye of the StormはAuraが付かないShout。

Bandit

僕のはMinstrel装備なので、とにかく硬い。なのでNarellaが出た後も炎の竜巻をあまり気にせず突っ込んでヒール出来る。

Narellaは100%自力で殴って倒すというよりかは、Oil kegを投げる→着火→大量のBurningスタックが付く→NarellaがBurningで死ぬまで逃げ切る・・・という感じに近い。着火はBurningでトリガーするのでFeel the Burnが使える。このグループはDPS tempestが勝手に着火してくれるから、あまり意識する必要は無いんだけれども。

Matthias

ホワイトマント工作員、うっかり指揮官を倒してしまったの巻。

天候がIceの時に出るアイスパッチ(氷の棘みたいなフィールド)はBurningで除去出来る。なのでFeel the Burnが有効。ここでPS WarがConditionタイプだと良いのは、張り付かなくても後半攻撃が継続し易いのもあるんだけど、BerserkモードのF1連打でアイスパッチの処理が勝手に捗るから、という理由もある。

ここでは天候別にChill, Burning, Posionのいずれかを受ける。特にPoisonは5スタック単位で貯まり、死因になり易い。Water#5とOverload Waterで解除。

よく見ると分かるけどTempestヒーラーは回復範囲と、1秒当たりの持続回復が強い。Condition解除とBreak stunも簡単。Druidヒーラーが苦手な部分をカバーする。ローリスクハイリターンヒーラー。逆にDruidヒーラーは若干タイムが早くなるポテンシャルはあるけど、難度の高いMatthiasではハイリスクハイリターン。Druidは1人必ずいるし、Druidがダメなわけでは全くないんだけど、DruidヒーラーはTempestヒーラーに比べて操作の差が出やすいので、その点を克服する必要がある。

───────────────

そういえば、もう1個隠しパーティオーラが使える。Water#4(Ice field)とAftershock(Blast finisher)で範囲Frost auraになる。

7~9に当たるユーティリティスキルは使いどころに迷う。それらはトレイト効果でヒール2kほど+Boon(protection, Regeneration, Vigor)が付く。理想は軽症に対してまめに使う事だけど、どこまでが「軽症」かは微妙だし、そもそもダメージのプレッシャーが高くない場面もある。勿体ぶり過ぎるとBoonも活用されない・・・なのであまりダメージを受けないと思われる場面では、あまり出し惜しみせず使ってしまっている。

Druidのプレー時間の方が長いので、まだTempestの方については判断しかねるところもあるんだけど、それでも十二分にヒーラーができてしまうお手軽楽ビルドなのだ。殆ど自動と言っても良いヒールSmoothing Mist+Regeneration+Water#1の部分だけで、他者に対しては秒間2,000ほど回復する(Outgoing healing45%増しの為)。自分が死に難いっていうのも良い。回復する側が世話になっていては元も子もないので。僕の場合調子の良い日はDruidで、ラグい日や何となく楽したい日にTempestを使うことが多い。