読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいかげんなブログ

Guild Wars2をプレイ中です。PvX。ウォーリアさん、話を聞いてない、読んでない。

GW2 - Got Mad At その3

GuildWars2

Got Mad At その2の続き。

これが最後になる。結局、機嫌はすっかり直ってくれたんだけど、自分が「小言」や他人への「指導」を聞き流すことで解決することになった。いや、小言を小言だと思わない、と言った方が近いかも知れない・・・

多分性格の不一致とか、何かそんなもんだと思った。あとは少しの言語ギャップによる解釈の違い。これは埋まらないと思う。1つ例の先生に言われたのは「誰も君に対して悪い意図は持ってないから、良い意味だと信用すると良い」ということ。

"Don't take it personally"に近いと思う。

しかし僕は別に自分への当て擦りだと思ったわけではなく、それが真にイラッとくる原因だったわけでもない。が、それ以上話を続けるのは止めた。説明する面倒臭さの方が上回って、どうでも良くなってしまった。

ただ、言われたことは解決法としては分かり易い。性格や価値観がだいぶ異なる人を理解するのは難しい。なら理解しようとせず、良い意味で言っているんだろうからとりあえずそのつもりで信用すれば良いんだな、という事になった。具体的には「何でそんなに小言がうるさいんだ」じゃなくて「きっと本人なりにグループの為に頑張ってるんだろう」と考える事。良い意味での?スルーということになる。

もう1つ言われたのは、彼女は人に聞いて会話して、共有することで何かを習得したり、問題を解決する人だということ。逆に僕はまず自分1人の中で考えて実行した後に、必要であれば他者に意見を求める傾向があるから、逆なんだとおっしゃる。自分より自分のことを知っている・・・世の中には色々な人がいて、同じ話でも自分みたく小言だと思うのもいれば、コミュニケーションだと思う人もいる。

ちなみにその後、何から何まで逐一指示することはなくなった気がする。しかしこういう類のものは、誰かが仕切らないと始まらないのも事実。知り合ってから長くなると悪い面が目立って見えてくる。しかし自分みたいなのだけじゃ多分成り立たないから、悪い面より良い面に目を向けるようにしよう・・・小言とか言わないで。