いいかげんなブログ

160,000 kills達成ヨダ。あと90,000ヨダ。

GW2 - 最近のPvE Chrono: Boonshare(2018/10)

焼き直し版。そろそろ覚えないといけないので...2018/10/2バランスパッチ後のRaid(10人)向けChaos/Inspiration Boonshare Chronomancerについて。なお生煮えなので後から加筆・修正予定。

ビデオガイド

このビデオガイドは3つあるシリーズの1つです。

  1. Chaos/Inspiration(Raid)
  2. Illusions/Inspiration(Raid)
  3. Chaos/Illusions(FotM 5人用)

このガイドは1のChaos/Inspi(Raid=10人用)です。これが今自分が使っているビルドなので、今回はこちらを取り上げました。

動画のビルド

http://gw2skills.net/editor/?vhAQNAs+cnsICFohlfC+pBMrhlhj6sDygKwMA2sGqeTD1TF-jRSBQBUS9lJ+AAAwJBwMKBFlKE8b/hLqE6KKfwjehAAHAn38Yew5nf+5nfeN/8zP/8zP/8zPvUABurC-e

補足1:ギアは不明なためSupport Chronomancer | Snow CrowsのRegular Chaos Variantからコピー。

補足2:フードは2018年の新ハロウィンフードSoul Pastryが、今後最適フードとして使用されると思われる(ビルドエディタはまだアップデートされていないためFried Golden Dumplingsを入力している)。

バランスパッチ主な変更点

実際のスキルローテーション解説前に、今回のバランスパッチの中でBoonshareに深く関わる変更点を解説しています。

  • Illusionary Inspiration(Inspiration Grandmaster)の「Phantasm召喚時にSignet of Inspirationをキャスト」効果が無くなった。自分のBoonをコピーする手段がUtilityのSoIのみになった。
  • Blurred InscriptionsがDomination→Inspirationに移動した。「Signetのリチャージ20%短縮」効果が消え、新たに「Signet毎にユニークな効果が加わる」効果が加わった。Boonshare chonoに欠かせないSoIは「最大ターゲットが5人→10人になる」効果が加わった。
  • Blurred Inscriptionを取った2人のChronomancerがSoIを使用することで(パーティを超えて互いにBoonをシェアできるため)全12 Boon中、Aegisを除いた11個のBoonが常時維持できる。
  • Well of Recallの代わりにMimicを使うようになった。MimicはSoIのために使う。

補足1 - Recallが抜かれた理由

RecallはCDが35→30秒に短縮された代わりに、AlacrityのDurationが5→4秒になった。前述の通りBlurred Inscriptionを取った2人のChronomancerがSoIでBoonをバウンスし合う方法が有効になったため、相対的にRecallを入れる価値が下がった。

補足2 - SoI=Aegisシェアがデフォルトに

Blurred InscriptionsがInspirationに移動したことで、このビルドを使用するRaidでは再びSoI=Aegisシェアがデフォルトになった。※SoI→Distortion→Aegis(Inspiring Distortion: Inspiration Minor)が自然に成立するため。

オープニングサンプル

ビデオでは2回目のCSまでのスキルローテーションが(DPS要素も含めて)カバーされていますが、長いのでここではオープニングの部分でBoonshareに直接関係のある部分だけを抽出しました。

  1. Shatter(Bountiful Disillusionment: Chaos Grandmasterの効果でBoonを得る)
  2. Sowrd#5, 3(Sword#3はClone生成のため。Cloneの数に比例してCSの秒数が伸びるため、Cloneが多いほどCSコンボは楽)
  3. Weapon Swap
  4. Shiled#5(順序的にはCSより先だが、キャスティング中にCSに入っているので、CS後にはリチャージされている)
  5. CS
  6. SoI
  7. Well of Action
  8. Mimic(a)
  9. CS終了
  10. SoI(ここでMimi(a)を消費)
  11. Shiled#5
  12. Well of Action
  13. Mimic(b)
  14. Weapon Swap
  15. SoI(ここでMimi(b)を消費)
  16. SoI

30秒に1回しか使えないように見えるSoIが、CSとMimicによって4連続にまで増殖。この芸当はChronomancer以外には不可能。僕の場合なるべくSoIの前にShatterとHealing skillを使います。ShatterはStability, Healing SkillはChaos StormでBoonを得るためです。

スキル順序の要点

上のスキル回しだけを見ると、おそらくあまりChronomancerをプレイしない人は意味が分からない可能性が高いので、要点を捕捉します。まず理屈として最低限理解しておきたい3点を挙げます。

1.自分のBoonを味方にコピーする方法はSignet of Inspirationのみ

 ⇒自分に十分なBoonが付いている状態でSoIを使う必要がある。つまりSoIは基本的に、Boonshareローテーションの締めに使う。

2.MimicはSignet of Inspirationの回数を増やすためにある

 ⇒基本的にMimic→Signet of Inspirationの順序を守る。ちなみにMimicの効果は10秒(Buff欄にMimic固有のアイコンが出る)なので、Mimic使用後は10秒以内にSoIを使わないと効果が無い。

3.ただしCS中はSoI→Mimicの順序で使う

 ⇒CS中はMimicを最後に使う。CS中に獲得したMimicのBuffは、CS終了後も消えずに残る。CS中の最後にMimicを使うことで、CS終了後にMimicの効果が1回フリーで使える(勿論そのフリーMimicはSoIに使う)。CS中にMimic→SoIと使用すると、CS中のSoI(いずれにせよCS終了後にCDがリセットされる)にMimicを使用することになるので、意味がない。

それを踏まえて、非CS時・CS時それぞれ以下の基本ルールに沿ってスキルを使用すれば、そんなに酷くBoon維持率が損なわれることはありません。

CS外

  1. Well of Action
  2. Weapon swap
  3. Tides(無ければ飛ばす)
  4. その他Boonを蓄積するスキル(Healing skill, Shatter等)
  5. Mimic(無ければ飛ばす)
  6. SoI

WellのBoonは最後のパルスで付くため、weapon swap直前にWellをキャスティング開始して良い。その方がConcentrationの持ち時間に余裕がある。

CS中

  1. Weapon swap
  2. Tides(無ければ飛ばす)
  3. Well of Action
  4. SoI
  5. Mimic

※最後にMimicが来ればいいので、3と4の順序はそれほど重要でない。

Well of Actionの最後のパルス~SoIまでの一連の動作がSigil of Concentrationの有効時間内(7秒)に収まるようにします。Weapon swapしてからWell of Action...(一連の動作)と行う人もいますが、Concentrationの持ち時間に余裕が無くなるので僕はあまり好きでありません。Well of Action→weapon swap→その他の順で行うことが多いです。