読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいかげんなブログ

Guild Wars2をプレイ中です。PvX。ウォーリアさん、話を聞いてない、読んでない。

GW2 - 最近のPvE Chrono: Quickness

GuildWars2

最近Pug観光や週2回目のレイドでやることが多いChrono。まだそこまでやり込んではないんだけど、今回はQuickness維持についてちょっと。

例えばSigil of Concentrationを使うスタンダードなDomination/Inspiration/Chronoビルドだと仮定して、開幕でこの3つのスキルローテーションをするとしたらどれが良くて、どれがイマイチで、どれが1番駄目かというお題。ちなみにWell of Recallは直接Quicknessには関係無い。単にローテーションの一部として出している。

正解は良い順に並べると3→1→2。※理由が気になる人は、最後に書いた。

新旧SoI比較

去年秋NerfされたSignet of Inspiration(以下SoI)の新旧アクティブ効果比較。

  • 旧:Active: Copy all of your boons to nearby allies.
  • 新:Active: Apply one instance of any boon on you to nearby allies.

旧SoIは文字通りChrono本人の持ってるBoon全スタックを写した。対して新SoIはツールチップの秒数を1スタックとして与える。与える秒数はBoon durationで伸びるので、最大デフォルトの2倍の秒数を与えられる。ちなみに自分自身にも与える。

新SoIのイメージ。例えば上がChrono自身の持ってるQuicknessのスタックとして、下2行は実際シェアできる秒数(Boon duration別)。

f:id:blueflake:20170213232840p:plain

Quicknessを6秒以上持っていても、1度にそれ以上はシェア不可。既にQuicknessを5スタック以上持っている場合を除き、下の秒数が加算されます。この場合現在の手持ちは4スタックなので、新たに6秒が加算されます。以前に比べてDurationの長いQuicknessを少ない回数に収めて配る方が良くなった。高Boon duration必須な理由が分かる。

実際のQuicknessメンテナンス方法

前提:Boon durationが100%に近い。正確には3秒Quicknessスキルが6秒に伸びるだけのBoon durationがある(97%ほどあれば大丈夫だったような)。

  • Tides of Time:3秒x2=6秒(往復で2回)
  • Well of Action:6秒
  • SoI 1:6秒(Utility skill)
  • SoI 2:6秒(Illusionary Inspiration - Inspiration Grandmaster経由で発動)

合計24秒のQuickness。そして綺麗に5スタックに収まってる。そしてこのローテーションはAlacrityがあれば24秒に1回は行える=パーマネントQuicknessという理屈。注意点はSoIを使う前に、まず自分が6秒以上のQuicknessを持っていないといけない。

Time Warpは短いQuicknessが連続で付くので、Chrono2人を使うミラー構成では通常使われなくなった。個人的にはFractalでソロChronoの時に使う程度。Continuum Split(以下CS)も今はQuicknessローテーションに組み込む必要は無い。

じゃあCSはいつ使うの?ということだけど、極論無視でも良い。個人的にはエリートスキルのMoa(Breakbar用途)や、Gravity Wellなら短時間に2回続けてCCが来る場合に使うことが多い。その時他のユーティリティが上がっていたら一緒に使う。ただ無理してまでは使わない。それに神経を使い過ぎることで他の部分が疎かになったら、かえって良くないと思ったので。

qTのサイトに4個ビルドあるんだけど・・・

周囲では自分を含め殆どの人が"Domi Recall"(冒頭のビルド)タイプを使用中。理由はChronoビルドの中では比較的扱いが楽なのと、Well of Recallを取るのでQuicknessだけでなくAlacrityのアップタイムも良い。Chrono 2人の構成なら、頻繁にばらけないといけないボスを除き、それほど苦労せずQuicknessが維持出来る。

余談だけどChronoはDPSが低いので、そこまで装備の組み合わせに囚われなくて良い。LeadershipのRuneやらで、用意が面倒というイメージがあるかも知れないけど、ある程度コストと手間を削減できる。極論目指すのは十分なBoon durationだけでOK。

例えばだけど、こういうのでも良い・・・
http://gw2skills.net/editor/?vhAQNAs+NncfClfi9fCGohFVjiMAGhirOZn2q9MIWipD-TBSBQB4RvwVUGMxHAQRU6dD1f+2+rPRQJIAOJAkCwElRA-e

DPSの低いChronoとヒーラーは最も安上がりビルドに適している。ゲーム内にはスピードクリアギルドのセッティングを妙に崇拝していてそれ以外には否定的な人もいるけど、スピードクリアに興味が無いなら本当に誤差だから気にしなくて良い・・・クリアには全然支障が無い。TankならBerserker→Toughの付いている装備に置き換れられる。

冒頭のサンプルのどこが悪いのかの理由

1番出来の悪い2回目は、Chrono自身がQuicknessを持っていない状態で早速SoIを使ってしまってる。このケースでは実際味方にQuicknessが付くのはWell of ActionとShield#5のみで、実はシェアらしいシェアはしてないことになる。Quicknessは次のローテーションの遥か前に尽きてしまう。

1回目は、2回目ほど悪くないものの、幾つか良くない点がある。1つはQuicknessを付ける前に武器セットを変えていないのでConcentration sigilの効果が得られていない。もう一つはPhantasmスキルを使っていないので、1回しかSoIを出してない。それとWell of Actionは置いた時にすぐQuicknessが付くのではなく、最後のパルスで付く。ここでは早とちって即全部のスキルを連打しているので、十分なQuicknessが自分に付く前にSoIを使ってしまう可能性もある。

3回目はその2点をクリアしてる。過去のChrono動画で何故Blockが必要無いのにShield#4を使っていたのかというと、Phantasmスキルを使ってSoIを発動させるのが目的。"Phantasm"スキル(Cloneではない)であれば良いので、勿論Focus#5やSword#5でも良い。最後カーソルを合わせた時のQuicknessが17秒なので、足りてないじゃんと思うかも知れないけど、その7~8秒前にQuicknessコンボを開始してることを考えれば、大体理屈通りなのが分かる。Chronoが2人ならギャップもほぼ埋まる。

とか色々書いたけど、実戦でこれら全てを守るのは無理に近い。僕自身してない。なのであくまで理屈。けれど理屈を知っているのと、よく分からないままスキルを12345...と連打しているのでは、操作に慣れた後に差が出る。というわけで仮に今上手く行ってなくとも、とりあえず知っといて徐々に出来れば良いよねというお話。

特にこのスキル順を推奨しているわけではなく、結果的にQuicknessが維持出来るやり方ならどの順番でも良い。実戦では必ずどこかで乱れるので、落ち着いて自分にQuicknessが付いている時にSoIを出せるかで結構違うと思う。