いいかげんなブログ

GuildWars2をプレイ中です。今日も楽しく失神。

GW2 - Got Mad At その2

Got Mad Atの続き。

後日この件に関して長期フレンドに話してみたら、こんなことを言われた。

「もし自分が理由を勘ぐるならだけど、ひょっとして君の中で無意識にコマンダー=ベストプレーヤーという考えがあるんじゃ?仮に君が理屈の上で、コールしてくれる人はグループに有益だと理解していても、だ。だからグループ内でベストでない人が指示出しをすることに、違和感を感じているんじゃないだろうか?」。

最初は「ええ、そうかなあ?コールは実際グループにとって良い事だし・・・」と言った。が、いやいや数日経ってみると、なんだか的を得ているような気がしてきた・・・ちなみにその人は心理学を教えている。言うことがいつも腑に落ちる。

───────────────

PvPやWvWだと勝ち負けという分かり易い線引きがある。上手くなければ良いグループには誘われないし、コマンダーなら指揮が良くないとすぐ人が付いて来なくなる。すごく分かり易い。ところがレイドはなんて言えば良いのか、ゲームっちゃゲームなんだけど、もうちょいソーシャル・・・と言えば良いのか。

これが最近レイドでちょっと苦手なところだと感じてまして(プレーが良いほど偉いと思っているという意味では全くない)。

───────────────

冒頭の「もし自分が理由を勘ぐるならだけど・・・(略)」には、実が続きがある。

「自分も彼女もグループ内でベストプレーヤーの1人だとは思わない。精々真ん中ぐらいだろう。グループ内で真ん中程度の人間がまとめ役をしている現状は、ちょっと奇妙だと思う。けどうちは今、曲りなりに各要素(まとめ役、各クラスのプレイヤー)が一通り揃っていて、順調に動いている。奇妙ではあるが、我々はプレーは月並みでもそれ以外の得意な分野(まとめ役)でグループに貢献しているんだ」

自分はコール役でグループに貢献しているという意識があって、それをあたかも単なる余計なお世話のごとく跳ね付けたことで、怒ったのかも知れない。

僕は「うちはスピードクリアグループではなく皆趣味で来てるんだから、あんまり小うるさく言うなよ。それに周囲より上手く無いなら文句言うなよ」的な考えが内心あった。自ら頼まれもしないアドバイスをしたいとも、思わない(勿論聞かれれば気分良くちゃんと答えるけど)。逆に彼女は相手が欲しがっている、欲しがっていないに関わらず喋る方。アドバイスから批判、場を仕切るところまで様々。

他のグループメンバーの数人は「自分の腕とかそういうのにとらわれないで、とりあえずオープンに意見を言い合うのも良いんだよ」「仮に自分は完璧でなくても、誰かのミスを指摘する人は助かるよ」等と説明してくれた。仕事なら分かるよ。うん。。そこの考えが根本的に違うと思った。そして厄介な問題。僕にとってはそれらが「お節介」「小言」に感じることがあったからだ。あと、物理的な頭痛・・・(続く)