いいかげんなブログ

Guild Wars2をプレイ中です。Skirmish Claim Ticket(失神)

GW2 - Staticと印象的なGuild Hall

メンバーがいつも同じグループを外国人は"Static"と言うことがあります。Staticは辞書では静的・活気が無い・静電気等。EleのStaff#5のスキル名はStatic Field。これだけ見るとイマイチピンとこないけど、対義語がDynamicということを考えると、メンバー固定のグループ=Staticと言うのも何となく分かる気がする。

左:ハロウィン前 右:ハロウィン直後

f:id:blueflake:20161021090626j:plain

SEA時間帯とは思えない盛況ぶり。しかも上位に表示されている数マップはFullということもざらだったから、驚きである。

最近はほぼPvEのみ。いつの間にかフラクタルのStaticの一部になっていて、それに加えてレイド等で、ほぼPvEだけで時間を使い切るようになっていた。けどどの道最近はPvE以外で楽しいと感じることが減っていた。単に同じような内容で4年経って飽きてしまったのか、環境悪化で関心が薄れたのか、よくわからない。PvEも多分ソロなら続いてなかったかも知れない。以前何度か遅れて来るなどして一部クリアを逃した時、逃した分を補填しようとPugレイド・フラクタルに行ったことがあるけど、あまりのハズレ率の高さに萎えてしまった。あれに耐えられる人は相当忍耐力があると思う。

今のT4はヒーラー1人か、そうでなければNecro 5人で行くのが妥当かも知れないです(Nerf後でも)。フラクタルはいつの間にか、レイドとその他PvEの難度の架け橋みたいな位置付けにされたようで。ここ何か月かフラクタル関係の変更が多かったけど、そういう位置付けにするべく、ヒーラーの存在を意識させるバランスにしたのだろうか?GW2って最初はそういうゲームじゃないのが売りの1つだった気がするけど、まあ良いか。

しかしレイドでもヒーラー、フラクタルでもヒーラー・・・がずっと続くと何だかイライラしてくる。特にフラクタルはデイリーだから気楽にやる人が多い。それは良いんだけど、最近徐々にCheese構成のNerfと、フラクタルT4自体の変更による難度上昇があるので、あまりにやる気が無さ過ぎるプレーだとちょっと困るようになってきた。

しかし、先日もう1人フラクタル用に150ARのヒーラーを完成させたかみがあらわれた!ちがうくらすであそべるぞ!

f:id:blueflake:20161021090806j:plain

何故よりによってドラゴンフタンーなんて選んだのか?

他はまだ相変わらず旧T4鉄板あんぜん・あんしんの(Condi)Necro, War, Druidパーティ。そこに1人でPower DH。ちょっと、いや明らかに謎チョイスです。いや、ちょっと言い訳させてもらいますと・・・これには理由がありまして・・・

僕はそれまでAR150のキャラクターが2体いたんですが、それがどちらもヒーラーでした(Druid, Temepst)。そんなわけで、突如別の人がヒーラーをしてくれるとなると、ARのあるDPSキャラクターがいない。どちらかからARを一式剝げば良いんですが、面倒臭いし、時間もない。万が一また遊びたくなった時のことも考えると、外すのは中止して、貯まりに貯まった+1 Agony Infusionをギルドバンクからおろし、フラクタルのロビーで別のAR150のキャラクターを作成することに(僕は忘れっぽいので、135ARにして毎回AR補助ポーション飲む選択はナシ)。しかしここで疑問が発生する。

Meleeは糞、ネクロも糞・・・?糞ばっかりじゃあないか・・・一体何を使えばいいのだ・・・?

そうだ、セプター(とソード)ガーディアンにしよう

ちょっと言い訳してみたけど、結局、謎決断だった・・ただ意外に殆ど死ななかった。ヒーラーが居れば、即死するような攻撃さえ避ければ案外大丈夫。セプターなのでDPSも安定して良い。ただ死亡すれば勿論DPSは落ちるのでリスクはある。最大HPが11,000でShroudのような保険も無いので、ブロックやドッジをちゃんと使わないと死ぬ。これといったBuffも無い。うん、やっぱり微妙だな・・・すいまえsんでした;

ところでこの間Chak Gerentの目玉(GHの飾り)が欲しいと言う人がいたので、寄付の為、とあるギルドに一瞬加入してきました。そこでGHを案内してもらったんですが、とても工夫されていて面白かったので、最後にその一部を載せて終わりにします。

f:id:blueflake:20161024151124j:plain

f:id:blueflake:20161024151135j:plain

f:id:blueflake:20161024151145j:plain

f:id:blueflake:20161024151157j:plain

f:id:blueflake:20161024151211j:plain

クアガンマン。

f:id:blueflake:20161024151231j:plain

f:id:blueflake:20161024151249j:plain

ワレワレハ・・・

f:id:blueflake:20161024151256j:plain

一体いくら掛けたのか・・・?

f:id:blueflake:20161024151303j:plain

「あの店」がある。

f:id:blueflake:20161024151313j:plain

これは目から鱗。風船を使っている?よく分からない。

f:id:blueflake:20161024151321j:plain

f:id:blueflake:20161024151333j:plain

崖に人がぶら下がっているのが分かるだろうか。

f:id:blueflake:20161024151348j:plain

個人的にはこれが傑作だと思った。謎の湖の怪物に、アヒルの群れが続いている。その更に後ろには、ここではあまり見えないけどRiver Drakeが追いかけて来ている構図。

f:id:blueflake:20161024151359j:plain

f:id:blueflake:20161024151408j:plain

墓地。下の方の、普段人がまず通らないと思われる場所もよく作られている。

f:id:blueflake:20161024151418j:plain

f:id:blueflake:20161024151442j:plain

鳥の首~頭は多分マッシュルームのオブジェクトの一種。