いいかげんなブログ

GuildWars2をプレイ中です。Dhuumマンはしにました。さようならDhuumマン。

GW2 - 今更Forsaken Thicket: Escort/McLeod

Stronghold of the Faithful 1ボスMcLeodに関するメモ。NPCの護衛がメインなのでEscortと呼ばれることも多いです。ちなみにタイマーもありません。

パーティ構成例

太字:後方のWargを処理する係

  1. Condition PS, Druid, Staff ele,Condi necro, Condi necro, Condi ranger
  2. Chrono(Portal持ち) Druid(Glyph of the Tides) DH(裏にShield)DPS Ele

例ではパーティ1が下コース、パーティ2が上コース。上はタワーを制圧する関係で3~4人が良いでしょう。下コースはWargをCondition系のCCで足止めするキャラクターが多いと楽です。が、PowerビルドでもImmobilized, Chill, Crippledスキルを意識して多めに取り入れれば、通常事足ります。

後方Wargは以前はNecroが多かったですが、今はCondi Rangerも多いです。Condi Berserker, Eng等でも全然良いでしょう。過去に皆がやっていたもの以外やりたがらない人が多いだけで、実際は1人で処理し切れるなら何でも良いです。

攻略

エスコート(下)

Glenna

このNPCを死なせず護衛するのが、下コースグループの目的。

f:id:blueflake:20161009231047j:plain

  • Special action skillで一定距離内にいるGlennaを自分の所まで呼ぶことが出来る
  • 各所にある白いチェックポイント(後述)をGlennaに通過させる必要がある
  • Glennaが死亡した時点で失敗となる
  • GlennaはWargに接触すると即死する
  • GlennaはプレイヤーのBoonやヒールの効果を受け付ける
  • ボス戦までは常に1人Glennaの近くにいるようにする(離れ過ぎたまま放置するとWhite mantle seekerはGlennaの近くに出現し、Glennaを暗殺してしまう)

Glennaには、道中数カ所ある以下の白いチェックポイントを通過させます。

f:id:blueflake:20161009231742j:plain

Druid(ヒーラー)がGlennaを操作することが多いです。

地雷

f:id:blueflake:20161009232222j:plain

踏むと即死。赤が触れると死亡するラインで、白が入ると地雷がはっきり表面に現れて攻撃出来るようになるラインです。はっきりと表面に現れた後、ダメージを与えることで破壊可能。つまり処理するためには、白と赤の中間の微妙な領域に、一旦踏み入る必要があります。なお、時間経過でリポップするので注意。

Warg

Glennaを即死させる。足が速いのでコンディション系CCで移動を阻害します。

f:id:blueflake:20161009232712j:plain f:id:blueflake:20161009233108j:plain

白いサークルにGlennaを入れる度に、前後にそれぞれ1体出現します。ミニマップを見ると、後方のWargに1人付きっきりなのが分かります。このように通常、下パーティの内Condition CCに長けた1人が、後方のWargに張り付きます。前方にもCondition系CCを用意します。が、Powerビルドでも十分対応可能です。例えば...

  • Druid:Muddy Terrain, Entangle, Jungle Spider F2(Immobilized)
  • Tempest:Signet of Earth(Immobilized)
  • Chronomancer:Well of Recall(Chill)

...などPower中心の構成でも、十分対応可能。

Condition reaperで後方Wargをするする場合、ここでは特に必要ないCorruptive Poison Cloudを抜いて"Suffer!"(Chill)を入れることができます。Condition RangerはスキルローテーションはReaperに比べてややこしいですが、上手く使えば単体DPSはReaperより遥かに高いので、早く倒すことができます。

後方のWarg処理の人は通常、4体Wargを倒したらその場を離れられます(ビデオ参照)。理由はWargの数=Glennaがチェックポイントを通過した回数で、チェックポイントは全部で5つだからです。5つ目のチェックポイントを通った時点で、グループは既に遥か遠くにいます。そしてその後すぐボス戦になるので、5体目のWargを待っている必要は無いというわけですね。

タワー(上)

上コースは砦に設置されているWhite mantleのSiegeをコントロールするのが目的です。MasteryのLey Line Glidingが必要。

洞窟

砦に侵入するルートは、洞窟を抜けた先にあります。Mesmerが1人で洞窟を抜けて、その後Portalで上コースパーティを上げる方法が最も安定すると感じました。入り口は、入場門を抜けた最初の広場。マッシュルームの敵と湧き水が目印。

f:id:blueflake:20161010002515j:plain f:id:blueflake:20161010002525j:plain

洞窟内はToxic Sporesで満たされていて、徐々にダメージを受けます。毒は洞窟内に数カ所ある湧き水に留まることで浄化可能(マスタリーForsaken Thicket Watersが必要)。マッシュルームは攻撃力、CCともに厄介で、極力攻撃を避けるようにします。通常の移動では遅すぎるので、連続Blinkや、EleにFiery Greatswordを出してもらうなどして素早く抜けます。

3連Blinkについては下記参照

書いておいてなんですが、僕はこの方法を使いません(ホワ...)。ユーティリティスキルのパーティサポート枠が減るのと、操作がややこしいせいもあってか、この方法を使う人は滅多に見ません。僕はEleにFiery Greatswordを出してもらっています。洞窟をする時は、Dominationの代わりにChaosを取って、Bountiful Disillusionment(Shatter使用時Stabilityが付くトレイト)を取ってます。

タワー

Mesmerが洞窟を抜けたら、ポータルで上コースメンバーを上げます。その後はタワーをキャプチャーする作業。最初はWhite mantleがタワーを制圧している扱いで、赤枠。この枠内にいる人数がプレイヤー>White mantleになると、こちらが制圧した扱いになります。んで実は、この枠はタワー全体をカバーしているわけではなく、よく見ると端の方に微妙な隙間があるのが分かると思います。

f:id:blueflake:20161010004314j:plain

タワーに着いたらDruidがGlyph of the Tidesで押し出して、すぐに制圧出来ます。タワーをキャプチャするために敵が死亡している必要はありません。単に枠内の数で優勢になればOK。Tidesが失敗したらMesmerのFocus#4やGuardianのShield#5等でフォロー可。プレイヤー側の人数が優ると、枠が青色になります。PvPやWvWのようにキャプチャ完了まで暫く留まる必要は無く、一瞬で制圧が完了します。

f:id:blueflake:20161010004346j:plain

ちなみにこれ、一見押し出しているように見えて、実際は押し出し切れていない場合があります。よく観察すると分かるんですが、このサークル、タワー毎に微妙に位置に偏りがあります。なのでタワー毎の微妙なサークルの偏り(隙間が大きい方角)を探して、自分のベストな押し出し・引っ張り方を見極めると良いです。そもそもやり方によっては、この作業自体要らないのですが(後述)。

このグループはタワー制圧後、故意に1体だけWhite mantleを残しています(全て倒すとWhite Mantleの1グループが丸ごと復活してしまう)。

タワーの制圧が完了するとSiegeの攻撃が止み、逆にプレイヤーが操作できるようになります。そして次にGlennaを誘導する、白いサークルが現れます。下グループがGlennaを次の白サークルに移動させると、上コースでは次のタワーに移動するためのLeylineが現れます。これを5つのタワーで繰り返します。つまり上下の進展は連動しており、下チームだけが勝手にどんどん進む意味は無いです。1人で理由もなく先走ってダウンしないように...

キャプチャー方法はもう1つあります。Pugで見たのですが、Chronoが全員をポータルでタワーに上げる→一瞬で制圧(全員上がれば、必然的にタワー上の人数がWhite Mantleより多くなる)→全員で下に降りてGlenna護衛→Glennaを白サークルまで誘導→Leyline出現→またポータルで全員を次のタワーに上げて制圧...の繰り返し。

McLeod(ボス)

タワーを順に5つ全て制圧すると、ボスのMcLeod出現。最後は2グループがここで合流します。上グループはグライダーでボス戦地点まで降りてきます。

f:id:blueflake:20161010003141j:plain

ちなみにこのボス、その辺のChampとさほど変わらないぐらい弱いです。McLeodは途中2体に分裂します。頭の上に着いた色と、同色のイリュージョンにのみダメージが通る。唯一注意したいのは、ボス戦の間もWargが門から発生し続けるということです。ここまで来てGlennaが倒されないように注意。逆に言えばそれ位しか敗北要素がないです。なお、ボス戦中はGlennaから距離をとっても問題ありません。

ビデオ

Druid(下コース)

Glennaを操作。

  • Breakbar対策は必要無いのでCC用Petは使っていない。任意発動のImmobilizedがあるJungle Spiderを使用している(必要とは感じないが念の為)。

ここまでImmob入れれば、まず対前方WargでCCが足りないという事はない。

Druid(上コース)

上コースの要点(Portalに乗るまで・塔をキャプチャーするところ)だけの短い版。

  • Leylineに乗って塔に着いたらGlyph of the Tidesで敵を押し出す。
  • 失敗したらMesmerのFocus#4やDHのShield#5でフォロー出来る。
  • 次のLeylineは、下コースのGlennaが次のチェックポイントを通過した後に出るので、見ておく。
  • White Mantleグループを全て倒すと再度グループの塊で再出現してしまう為、1体だけ残している(Knightはノックバックが鬱陶しいので優先的に倒)

Condition Ranger(Warg対応)

  • 4つWargを倒した後は、その場を離れてグループに合流している。
  • 通常Poison Trapを取る枠を、何か足止めになるスキルに変えても良い。ここではFrost Trapにしている。Muddy Terrainでも良かった気がする。
  • 最初の関所をBouncing Mushroomでスキップしている場合、関所に入らないように注意する(その地点をトリガーしてしまうと、倒さなかったWhite Mantleグループが出現してしまい、1人では対処しきれなくなると思う)。

Chrono(上コース)

  • Dominationの代わりにChaosを取っている。
  • EleからFiery Greatswordを貰って洞窟を通過している。