いいかげんなブログ

21世紀のためGuildWars2をプレイ中です。

GW2 - 今更Forsaken Thicket: Vale Guardian

※2018/5/12更新

今更Forsaken Thicketの続き。Spirit ValeのVale Guardianに関する備忘録。

概要

Green or No Green

後述するGreenを4人で踏む(正攻法)かGreenを無視して耐えるか、2通りの戦法があります。僕のグループは最近No greenなのでサンプルのビデオはNo greenになっていますが、解説は古いままなので基本正攻法ベースです。

パーティ構成例

太字:Tank 下線:緑サークル 赤:Condition

5/5分割(かなり昔ながらの戦法です)

  1. BS, Healer, Chrono, DPS, DPS, DPS
  2. Healer, Chrono, DPS, DPS, DPS

グリーン
4人は必要。Druid 2+Condi BS+Condi DPSやDruid 1+Condi BS, Condi DPS 2など、メンバーの持ちキャラクターに合わせて調整しよう。

DPS
小Hitboxで移動が多い点に留意して選ぶ。VGはArmorが1,910と低いので(殆どのレイドボスは2,597)若干Powerダメージが通りやすい。ただEpi bounceをはじめとするConditionビルドの安定もまた強力であり、結果的にそちらの方がダメージが出ている場合も多いので、構成や本人次第といったとこです。

Condition
Conditionを入れる理由はRed GuardianがConditionダメージ以外受け付けないため。最悪ソロ可能なので「ConditionがX人いなければならない」という決まりはありません。ただ3人ほどである場合が多く、理由は①Red guardianの処理速度の問題②Condition DPS+Druidで合計4人ほどいればでサークルを踏むグループに丁度良い、という都合からです。グリーン兼Condition DPSなら、比較的遠距離からでもDPSが安定し易いBuildを選びましょう。 

ボス

フェーズ 1

f:id:blueflake:20161221142557j:plain

左:通常Green circle。これが消滅する時に4人以上が同時に乗っていないと全体な大きなダメージを受けるので、予め乗る4人を決めるか(Druid+Condition DPSが多い)これを無視して耐える作戦があります。GreenのダメージはBarrierで軽減できます。Epi bounceの強さも含めてNo greenとMass Scourgeは相性の良い戦法です。

中:Seeker。プレイヤーに向かって移動する。触れると大きなダメージを受ける。グリーンにこれが被ると危険なため、その場合Glyph of the Tidesなどで弾き出します。MesmerのFocus#4もコントロール手段の1つとして使われます。ImmobilizedなどのCondition CCも有効。フェーズ毎に出る位置が決まっています。

右:テレポート攻撃。こうばらけていると見え易いけど、戦闘中は基本ボスの足元に纏まって出て見え難いです。この攻撃は発生時に独特のサウンドを伴うので、サウンドオプションで該当ボリュームを上げておくと分かり易いです。

Tank
クラシックな戦法では、ブルーの柱付近でボスを固定するパターンが多いです(固定した方がDPSが出るので良い)。近くにSpeed mushroomも生えている(攻撃速度+10%効果もある)。正面にいると強力なパンチ攻撃を貰うので、位置関係はTank-Vale Guardian-その他大勢。

f:id:blueflake:20161221160049j:plain

Melee
Seekerに極力触れない・青いテレポート攻撃を避ける・ボスの背後に立って攻撃を続けるという基本を皆が守ることが重要です。

Range
Greenを踏む作戦の場合、優先順位はサークル>>>>>DPSローテーション。DPSが高くてもサークルを逃していては元も子もないので、DPSローテーションはまず、緑サークルを確実に踏めるようになってから気にしましょう(提案)

フェーズ 2

3色のGuardianが現れる。多くのグループは人員を分割して倒します。

  • 赤=Condition以外のダメージを受け付けない
  • 青=ダメージを通すためにBoon剥がしが必要
  • 緑=これといった特徴無し

3グループに分かれて倒しても良いですが①PowerグループがBlue/Greenを纏めて倒しConditionチームは赤の柱に集合してRedを倒す②全て1か所にまとめてEpidemicなどのやり方があります。

f:id:blueflake:20161221160330j:plain

①の場合大抵DruidがStaff#1でGreen GuardianのAggroを引いて、Blue Guardianのところまで持ってきます。その他大勢はBlue Guardianの沸く地点(フェーズ1でスタックしていた場所と同じ)で待機。MesmerはSwordのオートアタック3段目にBoon剥がしがあるので、青Guardianを優先して殴ります。Green Guardianを引っ張ってくる手順は、まずカラーバフが頭の上に着くまで待機。カラーバフが付いたらGreen Guardianにオートアタックを当てれば、後は勝手に釣られてきます。

フェーズ 3

ステージの内1/3のエリアがダメージエリアになります。これが時計回りに移行して行く。ダメージエリアは20秒毎に移行します。

f:id:blueflake:20161221160502j:plain

Tankの位置取りと動くタイミングが重要ですが、とりあえずフェーズ3では以下を繰り返しているだけで済みます。

  1. 危険エリアの手前まで移動する
  2. 待機&DPS
  3. 危険地帯が移り変わる
  4. 1に戻る...

グリーンはVale Guardianのいるエリア(1/3)内に出現します。誘導が遅れると緑サークルの出現位置に悪影響が生じて、全滅に繋がり易くなります(危険エリアに緑サークルが出現しててしまう)。

Meleeはフェーズ1の基本を維持しつつBreakbarに素早く対応。時々Meleeで先走ってTankと一緒に移動する人がいますが、その間攻撃していない人もいます。あくまでボスの背後で張り付いてDPSを出します(Tankの誘導が遅過ぎて張り付けない場合は除く。その場合はTankの誘導を改善してもらう必要がある)。

Rangeはやはり緑サークルに乗り忘れないのが最優先。サークルのポップ位置が毎回悪い場合(危険地帯の中に出るとか)それは基本的にTankの誘導が早すぎる or 遅過ぎるため、Tankの誘導を改善してもらいます。

フェーズ 4

フェーズ2と同じ。

フェーズ 5

フェーズ3の強化版で、ステージの2/3が危険地帯になります。ここでのTankはフェーズ3のように、色が変わったら移動...だけでは上手く行きません。こちらは15秒間隔で危険地帯が変わるのでちょっとトリッキー。

ここだけ別の日記で詳細に書いたことがあるので、参考までに。

blueflake.hatenablog.com

 

ビデオ

Druid

Scourge(Epidemic Bounce)

トラブルシューティング

Tankが死ぬ

  1. 本人、グループのレベルに見合わない柔らか過ぎるビルドを使っている
  2. 積極的にReviveしようとする人がいない、または遅過ぎる
  3. フェーズ5で先走り過ぎている。

1.Chrono tankならMinstrelで良いです。Chronoは素で硬いからTankに選ばれているのではなく、サポートビルドのDPSが元々低いからです。普通に柔らかいビルドで突っ立って攻撃を貰っていると、実はすぐ死んでしまいます。

2.いくら上手な人でも、運の悪さやミスでダウンすることはあります。その場合すぐ周りがReviveでフォローしに行こう。

3.フェーズ5でTankが次のダメージエリアに踏み込むのは、あくまでGreenの出現エリアをコントロールするためです。ここを失念して、いきなり最初にダメージエリアの端まで走ってしまうTankがいます。すると孤立して死にやすくなるので、あくまで次のGreenの位置をコントロールするために、自分とVGが次のダメージエリアに踏み込む程度に進む、という事を意識すると良いでしょう。

Meleeグループが壊滅する

可能性としては

  1. 避けられるSeekerに触れている
  2. Seekerのコントールが不十分
  3. ヒーラーの支援が薄過ぎる

1.明らかに少し移動することで避けられるSeekerに触れてダウンしている場合はMelee本人の問題なので、位置取りを頑張りましょう。

2.Seekerが近い位置に出現することもあります。その場合はImmobilized, Launch, Pull, Knockback等のCCで、できる限り対応しましょう。

3.Meleeグループはあまりヒーラーの支援を必要とするべきではありませんが、オーラによるパッシブダメージなど不可抗力はありますから、DPS本人の努力では100%解決できません。ヒーラーの質向上に努めましょう。ヒーラーが1人なら2人に増やしましょう。初心者ヒーラーの練習ならば別として、サポートをプレイするメンバーは少し選んだ方が良いです。というのは①DPS 1人の質が低い場合、まだ他者に影響が小さいので何とかやりやすいが、ヒールの質が極度に悪いと全体にダイレクトに影響してくる②サポートはVG以降もギミック担当になりやすい。VGだけでなく、その後を見据えた時もあまりよろしくないのです。

Rangedグループが壊滅する

可能性としては

  1. Seekerのコントロール手段がない
  2. ヒールのタイミングが悪い

1.DruidがGlyph of the Tidesを使っているか等をチェックしましょう。Druidは他にもStaff#4やElite skillのEntangleが使えます。他にも利用できるものは、何でも利用しましょう。Chronoが良ければ、サークルグループを見ながらFocus#4でも補助可能です。ただ下手にPullするとかえってダウンを出す原因になりかねないので、そこは自分のスキルと相談。

2.重要なヒールのタイミングの1つに、緑色のサークルが消滅した直後に大きなヒールを1つ使うというのがあります。サークルは仮に4人が漏れなく乗っていたとしても、消滅時にある程度のダメージを受ける仕様なので、そこのカバーは必要(です僕の場合CA, Staff#3, Healing skillのいずれかはそのために取っておいている)。

テレポート攻撃を毎回のように受ける

可能性としては

  1. 該当サウンドが聞こえない設定になっている
  2. 単純に反応し切れていない

1.サウンドオプションでボリュームを上げる事で多少改善するかも知れない。

2.頑張ろう。

後半緑のサークルの出る位置が不安定

可能性としては

  1. Tankの移動のタイミング早過ぎる、または遅過ぎる
  2. Tankのダウンが多いために、ボスの誘導が不安定

1.サークルはステージを3分の1に区切ったエリアの中で、現在Vale Guardianがいる領域のどこかに出現します。つまりTankが先走り過ぎたり、逆に移動が遅すぎると、サークルがダメージエリアに出現します。

2.Tankが無理に柔らかいビルドを使っていないか、メンバーが混乱してCCが遅れていないか、ヒールは足りているか...等をチェックします。ヒーラーは変にDPSを意識したビルドを使うべきでありません。DPSプレイヤーがしっかりしていれば、どのエンカウンターもEnrageにならず余裕をもってクリア可能です。