いいかげんなブログ

Guild Wars2をプレイ中です。Skirmish Claim Ticket(失神)

GW2 - The Stranger

Solo Qはよほど高いMMRに恵まれていない限り、割と運ゲーなところがある・・・が、今回も予想外に(?)そして思ったより早く(日曜日)Diamondに到達しました。

最初は勝率60%程度と考えて、Streak効果も考慮して平均10ゲームで3 Pip程度進むと見積もっていました。というわけでSapphireで80ゲーム、Rubyで100ゲーム程度はできる(大半のAchievement grindが終わるゲーム数)と見てRubyで打ち切る予定でしたが、予想よりPipの貯まりが早くAchievementの消化が追いつかなくなったので、Rubyに拘らず進めることにしました。Legendary?何それおいしいの?

しかしこれは、とある見知らぬプレイヤーとの遭遇があった結果だと思います。

f:id:blueflake:20160608003815j:plain

Year of the Ascension Part III以降は1日5試合マンになろうと決めたわけですが、それから数日が経ちました。実際に5試合マンになったのか?

結果:実際に5試合だったのは1日だけだった。

結論:もう3試合マンで良いや。

3~4試合終えると、何だか眠くなったり疲れたりしてきて「もういいや」という感じになり、そこで終了してしまいます。Sapphire後半~Ruby Tier5ぐらいまでの履歴。極端なマッチメイキングの多かったSeason 2より若干成績が良いのが意外です。

f:id:blueflake:20160603005105j:plain

水色はBlowouts。オレンジは深夜にプレイして実際は前日分にカウントされる日。

3クラス目は結局MesではなくEleをプレイすることにしました。理由は単純にSupport 0人だと不安だからです。そして案外Supportがいないことが多い。割と不人気?僕はSupport eleはやや退屈だと感じますが(自力で敵倒せないから)適当にやるレベルなら習得は楽な方だし、Achievementも埋まるからまあ良いか、という感じでやってます。

しかしこの後、状況は急変・・・

履歴は取っていませんでしたが、土曜日Ruby Tier6から始めました。ここで急に所謂50/50に近い状態になりました。残り1マスまで4回到達するものの、そこで毎回負けがやってきます。純粋に向こうの平均レベルが高い(ESLの人のDuoなど)もありましたが、多くは味方に明らかにマズイ人を引いて無理ゲーというパターンです。大したArena経験も無いソロQの僕には到底そんなゲームをキャリーすることはできず、負けます。

何故こう時々、最初から負けることが約束されているようなゲームに当たるのか?というのも、Season 3のマッチメイキングはSeason 2ほど極端ではありませんが、始まる前からどちらが勝つかは大体決まっています。正確に言うと、片方のチームが平均MMRが高くなる・・・つまり基本的には、勝算が高くなるようにチーム分けされます。Season別のマッチメイキングを大まかに数字=MMRの高さで表すと・・・

Season 1(釣り合い重視)
9 - 8
7 - 8
6 - 6
6 - 5
4 - 5

Season 2(取りあえず近い者同士で組まされるため、極端なゲームが多い)
4 - 9
4 - 9
4 - 8
3 - 8
3 - 8

Season 3(Season 2ほど激しくはないものの、あらかじめ有利なチームは決まっている)
7 - 8
6 - 8
6 - 7
5 - 7
5 - 6

公式フォーラムにANetスタッフの投稿したサンプルがあるのですが、URLは忘れてしまいました。これは僕が勝手に思い出して書いたものなので、正確ではないかも知れませんが、まあ話半分程度に、大体のイメージとして捉えて下さい。

つまりPipの射程圏内にいるプレイヤーのプールの中で、MMRが平均より高いほど「負け側」に投じられることは少なくなります。故にストレートに殆どのゲームに勝って進む人は、勿論技量の高さもありますが、MMRの高さ故に最初から勝算の高いチームに投じられ易い、というトリックもあります。逆にそうでない人は、仮に本人はDecentと言えるレベルでも、まだある程度は運に左右されます。勿論MMRは機械的なものですから、厳密に本人の技量を反映するというわけではありません。

・・・で、元の話に戻ると、土曜日はあと1マス→後退を4回ほど繰り返した後に止めてしまいました。結局25/30→28/30には進みましたが、次こそ行けるかもしれん・・・→あべし!! の繰り返しに疲れました。

日付は変わって日曜日の夜。この日はプレイせず休む予定でしたが、夜に「もう進まなくて良いから3ゲームだけ消化するか」と思い立って開始。

1ゲーム目:負けて27/30になる。

2ゲーム目:Midで負けるもSideに切り替えて勝つ。FarでWarriorと2人で上手く行く。

その後、そのWarriorからParty招待が来る。どこまで進んでいるのか分からないけど既にDiamond。如何にもPvPギルドみたいなタグで、旧SeasonのLegendタイトルを付けていた。普通に強かった。これは・・・と思い乗っかることにする。フル寄生モード。なんとDruidをPretty wellにプレイしていると言ってもらった。あんまりRanked経験無いと言ったけど、No worries, なら次のステップはRotationだね、と気さくだった。

3ゲーム目:無難に勝利。

4ゲーム目:最初はリードされる。またか・・・どんだけ残り1マスで呪われてるんだよ・・・と思ったら、途中から敵が崩れて逆転勝ち。Diamondに。お礼を言ってParty終了。

僕は日頃から熱心にPvPをする方じゃないので、勿論PvPに知り合いなんていません。完全に見知らぬ人・・・Strangerでした。もし「どうせあと1マスで負けるんだしな・・・」と投げやりにプレイしていたら招待は来なかったかも知れません。このStrangerとのPartyが無ければ、少なくとも暫くの間、同じ地点でスタックし続けたかも知れません。Divisionを上げることは目標ではありませんでしたが、何となく気が晴れたのは事実です。もう名前もすっかり忘れてしまいましたが、Strangerよ、ありがとう。

──────────

それとやっぱり(少なくとも僕にとっては)平日のSEA時間帯が楽です。NA時間帯は環境差もあるかと思いますが、プレイヤー数が多い為に、Pipの射程圏内に存在するよりMMRの高いプレイヤー数も増えると思われます。故に比較的不利なゲームを引く機会がやや増える気がします。ところが平日SEA時間帯なんかだと、そもそもDiamond以上があまりおらず、Legendaryに至ってはかなりまばらです。レベル自体が低いのか、それとも高MMRが少ない為に自分に有利なマッチメイキングが増えて、相対的に敵が弱いと体感しているだけなのか?よく分かりませんが、楽なゲームが多いです。