読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいかげんなブログ

Guild Wars2をプレイ中です。Giant Slayer完了まであと450年(白骨化)

GuildWars2 - Tarir The Forgotten City II

概要

前回、ExaltedはElder Dragonの脅威から弱者を保護しようとした異端のドラゴンGlintと共に行動したForgottenに賛同し、その計画を継承する為に人間としての生を捨てた元人間であることが分かりました。今回はアチーブメント"A Study in Gold"についてです。

"A Study in Gold"はSage Lauralから貰ったAuric Viewerを使って、Tarir周辺に点在するタブレットの内容を読んでいくアチーブメントです。

Lauralとの会話

Hertaについて

Laural:Welcome. Have you seen Herta?
プレイヤー:Who is Herta?
Laural:Herta is...my friend. She was in charge of caring for the Last Speech tablets, like this one. But she's gone missing. Would you help me find her?
プレイヤー:I'll do my best. Where should I start?
Laural:Find tablets like this one and see if they've been recently cleaned. This Auric viewer will help.
プレイヤー:What is it?
Laural:It will allow you to see whether Herta has been there or not. Look at this tablet with it, and you'll see her mark upon it.
プレイヤー:All right. Give me the cypher, and I'll see what I can do.

Laural:ようこそ。Hertaを見掛けませんでしたか?
プレイヤー:Hertaとは誰ですか?
Laural:Hertaは・・・私の友人です。彼女はラストスピーチタブレットの管理者でした。ですが彼女は現在行方不明です。彼女を見つける手助けをしてくれませんか?
プレイヤー:出来る限りのことをやります。まず何からすれば良いですか?
Laural:タブレットを見つけて、最近クリーニングされているかを確認してください。このAuric Viewerが役立ちます。
プレイヤー:これは何ですか?
Laural:Hertaがそこにいたかどうかが分かります。Auric Viewerを使ってこのタブレットを見てください。彼女の残した跡が判るでしょう。
プレイヤー:分かりました。これをください。やってみます。

Laural本人について

プレイヤー:Who are you?
Laural:I am Sage Laural.
プレイヤー:What do you call your race?
Laural:I am Exalted. Once human, but changed to make us ready for our duties.
プレイヤー:You were once human? From where?
Laural:Elona. And before you ask, yes, I do miss my homeland. But I am committed to answer a higher calling.
プレイヤー:How long have you been here?
Laural:A very long time. The decades have passed like a dream. I was recently awakened, when Glint's egg came near. I have a purpose, you see. I am here because I am needed.
プレイヤー:Your dedication is impressive.

プレイヤー:あなたは誰ですか?
Laural:Lauralという名のSageです。
プレイヤー:あなたは何の種族なのですか?
Laural:Exaltedです。かつては人間でした。しかし今は使命を果たすための存在です。
プレイヤー:かつては人間だったのですか?どこから来たのですか?
Laural:Elonaです。ええ、故郷は恋しいですとも。しかし私には使命があります。
プレイヤー:どの位の間ここに居るんですか?
Laural:とても長い時間です。長い年月が一晩の夢の様に過ぎ去りました。私は最近Glintの卵がこの近くに来た時目覚めました。私には使命があります。私がここに存在するのは、必要な存在だからです。
プレイヤー:強い使命感をお持ちですね。

Tabletの記述

This Tablet has an engraving that reads "The Final Speech of the Last Forgotten to the Exalted". Transcribed by Bogani the Walker of Vabbi.

このタブレットには「最後のForgottenからのExaltedへのスピーチ」と彫られている。Vabbiの旅人Boganiによって記された。

1 "You who stand before me are remarkable. We have tested you by trial, and you have pledged yourself to a cause that will change you forever"

私の前に立つ貴方達に敬意を表します。貴方達はテストを通過し、そして人間としての生を捨てることを受け入れました。

2 "The Elder Dragons rise again, and you are called by Glaust to ensure the survival of Tyria. We are entrusting our aspirations for the future with you, the Exalted, our most loyal defenders."

エルダードラゴンは再び目覚めます。貴方達は未来のティリアの存続の為にGlustに選ばれた存在です。私達は貴方達Exalted ー 最も忠実な守護者達に私達の希望を託します。

3 "You look upon me and see the sunset of our race. I am the last of the Forgotten. It has been millennia since our true name was last spoken aloud, and soon we will be no more. No, do not mourn. We will live on in your work, in your words, and in your battles"

貴方は今、私を、そして私達の種族(Forgotten)が沈み行くのを見ています。私は最後のForgottenです。私達が本当の名で呼ばれる事が無くなり1,000年が建ちました。そして私達はもうすぐ無くなります。悲しまないで下さい。私達は貴方達の使命の中で、言葉の中で、そして戦いの中で生き続けます。

4 "Together, we took the first step toward safeguarding against the six that mean to drain this world completely of its magic. One day, you alone will take the final step. The bar of success or failure balances upon your shoulders."

私達は共に、世界を蝕む6つのエルダードラゴンへ対抗する一歩を踏み出しました。そしていつの日か貴方達だけで最後の段階へ臨みます。成否は貴方達に掛かっています。

5 "In olden times, when the Dragons stirred, it fell to the Seers to set aside a reservoir of magic for the upcoming drought. Glaust herself was a defender of civilization, at great risk to herself, and Kralratorrik understood the depth of her betrayal and killed her for it."

Glaustは彼女自身を危険に晒しながら世界を保護しようとしました。そしてKralkatorrikは彼女の裏切りを知り、彼女を殺害しました。

6 "We do not have the divine resources needed to imbue a new Bloodstone with enough magic to prevent Tyria from declining into a state of primitive adversity. And so we allied with Glaust, a magical being of great power, to find a way."

私達はティリアを災厄から救う為の十分な力を持っていません。そこで私達はGlaustと同盟を組んだのです。

7 "Glaust has been known by many names, and even we do not know her true name. She is called Glint in these modern times, and she entrusted us with using her legacy for tyria. We, however, have no guarantee - only hope - that by her legacy we will save Tyria from the desiccation of its magic."

Glaustは様々な名前で知られていました。私達Forgottenですら彼女の真の名前を知りません。近頃はGlintと呼ばれていました。彼女は私達に遺産を委ねました。Tyriaを救う唯一の希望です。しかし私達にはその唯一の希望を成しえる保証はありません。

8 "We began our journey among the magical canyons of the Lost Precipice, and when it no longer served us, we moved on."

私達の旅は魔法の渓谷Lost Precipiceから始まりました。そしてそこが役目を終えた時、私達はそこを後にしました。

9 "En route to our final destination, we sheltered in a hollow and peformed the exalting rituals, but ultimately, we left there as well. One day, Tarir will no longer serve us, and you will move on. Do not fear that day. When it comes, you will know that your purpose has been fulfilled."

私達はGilded Hollowでも儀式を行いました。しかしそこも去りました。いつの日かTarirも役目を終え、そして貴方達も去ります。その日を恐れないで下さい。その日が訪れるということは、我々の目的が叶う時です。

10 "And when we arrived here, you created a city worthy of Glint's pride. Your work here pleased and humbled me and the other Forgotten."

貴方達はGlintの誇りに相応しい街を作り上げました。私達や他のForgotten達は貴方達のその働きに喜びと畏怖の念を覚えました。

11 "We raised this haven at the edge of Mordremoth's jungle, but no Elder Dragon can touch us here. Our magic shields the city from them. Here you will wait in stasis for the signs, and much time may pass before you awaken to the call."

私達はこのTarirをMordremothの領域の一角に築きました。しかしMordremothはここを侵略する事は出来ません。貴方達は再び呼び覚まされるまで、長い間ここでサインを待ち続けるでしょう。

12 "Your friends and families have no less important a charge. The Brotherhood of the Dragon passed its mantle on to them. They are the first guardians of the egg, and only once it nears its time will they deliver it to you."

貴方達の家族や友人もまた重要な使命を負っています。彼らは最初の「卵」の守護者達であり、貴方達に「卵」を届けるでしょう。

13 "They're calling themselves the Zephyrites after the gentle, ever-moving breeze of their homeland, and none but their inner circle will know their secret mission. It may be generations before you are reunited with their descendants, but they are committed."

彼らは自らをZephyritesと名乗る流浪の民です。貴方達はいつの日か役割を継承した彼らの子孫と再開するでしょう。

14 "Glint's legacy is far more than just her offspring, and you must protect it all. The legacy's potential will only be realized in the fullness of time when all its pieces have developed and become defined in response to the world around them."

Glintの遺産は時と条件が満ちた時、初めて実を結びます。貴方達はその時まで彼女の遺産を守り続ける義務があります。

15 "The legacy's most essential elements will seed the new dawn of civilization. This is the precious treasure we leave in your hands. You must preserve it with no expectations of laurels. You too will be forgotten once your duty is done."

Glintの遺産の本質は、新たな世界の夜明けの種を撒く事です。貴方達は見返りを求めることなく、これを守らなければなりません。そして役目を終えた時、貴方達もまた、忘れ去られた存在になります。

16 "As the last Forgotten, I have come to understand the vastness of history and the ephemeral nature of truth. Stories of your deeds will warp in retelling. But, you do not do this to leave your mark."

最後のForgottenとして、私は、歴史の広大さ、真実の本質の儚さを知るようになりました。貴方達の行為は語り継がれる中で変わっていくでしょう。しかし貴方は自分の証を残すためにこれを行うのではありません。

17 "You do it to ensure that this world you love continues on after you're gone. Glint's dream of a harmonious future can come to pass. Now you carry the torch of her benevolence."

貴方は、貴方の死後も、貴方の愛するこの世界を後世に残すためにこれを行うのです。Glintの調和の未来への夢は引き継がれます。そして今、貴方はその慈悲のトーチを運んでいるのです。

総括

このタブレットの中では、最後の1人になったForgottenが、Exalted達を前にスピーチしているようです。Exaltedになった人間の多くはElona人だったのでしょうか?Exaltedと同様にGlintをサポートする立場のZepyritesは、主にElonaやCantha人で構成されるようです。

ExaltedやTarirは「黄金」がテーマですが、Elona地方のサブタイトルは「Land of the Golden Sun」。GW時代のElonaがテーマの拡張Nightfallで追加されたプロフェッションParagonはゴールドがメインカラーに使われていて「脅威に立ち向かう人類のチャンピオン」と表現されています。TarirやExaltedと設定が被るところがありますが、これはElona人とExaltedのリンクを意識した設定なのでしょうか?