いいかげんなブログ

GuildWars2をプレイ中です。Dhuumマンのオサレ鎌早く欲しいマン。

GuildWars2 - 今更Dragon's Stand

Magus Falls最奥。最終決戦という雰囲気と迫力重視?なのか割と単純でした。リセット直後で、大量にタクシーが出ているマップに乗ればまず失敗無しという感じです。

メカニクス

2時間の制限時間があるマップ

Dragon's Standは、マップがリセットされた時から2時間のカウントダウンが始まります。マップ北東からPactと進軍し、最深部のDragon's Domainを目指します。もし2時間以内にDragon's Domainまで辿り着けなかった場合は、全滅し、振り出しに戻ります。2時間以内に辿り着いた場合は、Mouth of Mordremothとの戦闘が待っています。

WPはメタイベントの進行に合わせて解放されていきます。

Dragon's Stand特有のアイテム

Crystalline Ore Collector - Guild Wars 2 Wiki (GW2W)

Crystalline Oreはクリア後に開けられるNoxious Podに入っています。ストーリー以外では今のところそれしか入手方法がありません。ベンダーのアイテムを買うだけではなく、Crystalline Ingotに精錬して新Legendary Weaponの材料にもなります。

Plated Weaponの交換に必要なReclaimed Metal Plateは、Reclaimed Weaponをサルベージした時に得られます。説明によればFineやMasterworkからは稀に、Rareからは確実に手に入るとあります。Plated Weaponを含むコレクションを埋めると、進化版のMachined Weaponが獲得できます(例:Machined Axe)。

f:id:blueflake:20151112153146j:plain
f:id:blueflake:20151112153152j:plain
f:id:blueflake:20151112153157j:plain
f:id:blueflake:20151112153203j:plain

あると楽なマスタリー

  • Updraft Use
  • Itzel Poison Lore

他のマップと同じでキノコと上昇気流があればまあ何とかなる感じでした。Poison Loreもメタイベント目的で、毒のエリアのイベントを避けるなら無くても済みます。HPの中にはLey Lineを使用して辿り着く場所があります。

なお、このPoIは一見Leylineを使わないと辿り着けないように見えますが、もう少し南に進んだこの地点のキノコを使用してジャンプ→グライダーで普通に辿り着けてしまいます。 

f:id:blueflake:20151229095919j:plain

メタイベント

Preparation

基本的に淡々とイベントをこなすだけですが、道中での優先事項的なものはあります。

  • Champion Mordrem ThornheartはBreakbarを破壊して早く処理する
  • Legendary級の敵を不用意に先走って連れてこない 
  • Defeated状態になったらWPに戻って走る(蘇生をずっと待っていない)
  • Preserverなどボスを補助する機能を持った敵はすぐ倒す

f:id:blueflake:20151112163932j:plain

f:id:blueflake:20151112164502j:plain

カオス。僕は一歩引いた所からスタッフ1111113111111311111131111113です。ガーディアンですが味方は全く守っていません。バッグが早く埋まり過ぎて大変だ^^

Mordrem Spitfire

途中何度か広い場所に出て、Spitfireを倒すシーンがあります。基本的にSpitfireを叩きますが、VinetenderやPreserverが出現したらすぐそちらを倒しに行きます。PreserverがSpitfireに到達すると回復されてクリア困難になります。Breakbarを破壊しつつ早く倒したいです。

f:id:blueflake:20151112165506j:plain

f:id:blueflake:20151112165552j:plain

f:id:blueflake:20151112165601j:plain

絶対に阻止したい敵。Spitfireに到達すると大量回復されます。後半でも登場。

Blighted tower

このパートでは、3方面に散った部隊が、それぞれ(3つ)の部屋でボスを倒します。このボスを3体倒し切るまでに2時間が経過してしまうとアウトです。3体倒すとタイマーが消え、最終ボスへと挑むことが出来ます。まずは3つあるポッドを破壊してボスの無敵状態を解除し、それからボスを倒す作業に入ります。ですが全員でボスを叩きには行けません。

ここよく見たパターンは「1つの部屋の人員を2つのグループに分ける」でした。

  1. 部屋を周回し、Preserverを倒すことに専念するグループ
  2. 3か所あるポッドを倒した後、ボスを削るグループ(10人程度で良い)

なぜこれをするかというと、Preserverが一定時間でリポップするからです。そしてPreserverはポッドを復活させます。もしボスが倒された後にポッドを復活された場合、ボスも復活してしまいます。ボスを倒したら通常、ボスグループはPreserverを担当するZergに合流してPreserverを一緒に倒し回ります。もしボスが復活したらボスを倒す作業に戻ります。

注意したいのは、ボスグループはあくまでボスの討伐が役割という事です。ここでボスグループが最初に勝手に先走って、ついでだからとバラバラに別のPreserverを倒したりすると、2周目以降Preserverが2体同時にポップして処理しきれないなどの問題が発生します(滅多にいませんが、実際これをやらかしているボスグループのコマンダーがいました)。

f:id:blueflake:20151112171224j:plain

Preserver最優先で他の雑魚敵はスルーでした。確かに相手にしていたらキリのない数で、構っていたら次のPreserverがわいてしまいます。

f:id:blueflake:20151112171210j:plain

ボスが3部屋で同時に討伐済みの状態になって初めてクリアになります。仮に1つの部屋がボスを討伐しても、クリアした部屋のプレイヤー達は、3部屋で討伐が完了するまでPreserverを倒し回る作業を続けなければなりません。

Mouth of Mordremoth

f:id:blueflake:20151112162817j:plain

長い・・・長過ぎる・・・

個別に制限時間のあるイベントもありますが、まだここで失敗したパターンには遭遇したことがありません。20分以内で倒すと25APとLey-Energy Matter Converterが手に入ります。

ここでは9つの島に分かれて戦います。Updraft Useが必須です。Mouth of Mordremothがランダムな島に現れるので、その時にダメージを与えることが出来ます。自分の島にPodやVineが出現したら速やかに倒します。途中出現するLegendary級のボスは、制限時間内に倒せないと島が崩壊します。削りの遅い島があれば補助に向かいます。

f:id:blueflake:20151112172012j:plain

オープンワールドイベントとしては随一の迫力?何度かの噛みつきの後、床が崩壊しました。

f:id:blueflake:20151112172233j:plain

おらほの島が半分喰われてしまった・・・この小島は2回喰われた後に完全に消えました。消えてしまった島には地図上に赤でXが付きます。

最後の悪足掻きとLaranthirのその後

f:id:blueflake:20151112181112j:plain

Laranthirはその後Mordremothに洗脳されることなくPale Reaversを率い、討伐まで立ち会いました。LaranthirはVigil副司令官で、Secondbornの1人でもあります。同じSecondbornにはNightmare Courtの創始者Cadeyrnや、Mordemothを目覚めさせたCeara=Scarlet、HoTストーリーでプレイヤーに同行するCanachなどがいます(良くも悪くも出世した人が多い)。

f:id:blueflake:20151112172503j:plain

f:id:blueflake:20151112172454j:plain

f:id:blueflake:20151112172524j:plain

f:id:blueflake:20151112172532j:plain

宝箱。犬小屋にもなりそうです。ヒーローポイントのある高台は、宝箱近くからグライダーで飛べばギリギリ到達できました。詳しくはDulfyのヒーローポイントガイドに載っています。音楽やボスも迫力があって楽しめました。DSを一言で纏めると「長い」(色々な意味で)。

終了後の探索期間とCrystalline Oreの使い道

Mouth of Mordremoth討伐成功後にはマップ探索の為の時間が設けられます。探索可能なエリアが広がり(地図上に現れる赤矢印の奥)Noxious Podを数多く開けるチャンスがあります。Noxious Podに入っているCrystalline Oreは、新レジェンダリーウェポンの材料の1つです。

Gift of Maguuma Mastery
Podの分布図

f:id:blueflake:20151113143200j:plain

Astralaria [&AgF+KQEA] Axe

f:id:blueflake:20151113143207j:plain

Nevermore [&AgHXFgEA] Staff(ノルンのRaven Shamanが使ってそう)

f:id:blueflake:20151113143211j:plain

H.O.P.E [&AgEJHAEA] Pistol

うーん悪くはないが自分のキャラクターには似合わない・・・ピストルはQuipが完全にネタ系だったので普通系が良かった人には良いのかな。

各種ガイド

ヒーローポイント、ストロングボックス。

アチーブメント。

Noxious Podの分布図。

参考リンク

Dragon's Stand - Guild Wars 2 Wiki (GW2W)
Dragon Stand Mouth of Mordremoth Guide & Footage : Guildwars2
Dragon Stand Meta - The Circle Strat : Guildwars2