読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいかげんなブログ

Guild Wars2をプレイ中です。PvX。ウォーリアさん、話を聞いてない、読んでない。

World versus World - 大規模戦闘に参加してみよう

GuildWars2 World vs World

ここから先は公式フォーラムのスレッドとは関係ありません。先のガイドはオブジェクトに関するルール中心で戦闘については触れられていませんでしたが、大規模戦闘はWvWとは切っても切り離せない関係なのでこの項目を作りました。このシリーズで言う大規模戦闘はZerg vs Zergと定義し、20vs20程度より大きい規模をイメージしました。内容は初級者の人向けだと思います。

大規模戦闘に参加してみよう

戦闘に参加するには、マップ上のコマンダーをフォローするのが最も手っ取り早いです。攻城をしていればいずれ敵集団に遭遇します。戦闘での貢献を視野に入れるなら、これらの事項をクリアしているとベターです。ハイ、あくまで自由参加のゲームなのでベターであってマストではないです。

  1. レベル80であること
  2. 攻撃力はCondition damageではなくPowerを伸ばすこと*1
  3. Exotic以上の装備を揃えていること*2
  4. Food、Stone類(スパナマークのBuff)を使用していること*3
  5. Ascended装備を揃える
  6. 大規模戦闘でより役に立つプロフェッションであること
  7. コマンダーのいるボイスチャットに参加していること*4

・・・などが挙げられます。

僕の考えでは1、2はごく基本的な事項、3、4は出来れば実行したい能力値の底上げ、5、6、7は必須ではないが、少しでも勝ちに拘るなら推奨される事項だと思います。WvW専門ギルドへの参加を検討している方は、6、7も求められると思ってよいと思います。なお、5はかなり時間が掛かるので焦る必要はありませんし、適当に混ざるだけならそもそも作らなくても特に問題ないです。

闇雲に無理して死ぬまで突っ込む必要はありません。レベル80でビルド(トレイトや装備、スキルなど全て包括したキャラクターのスペック)を適切に調整し、敵の攻撃の直撃を避けていれば、あとは慣れれば段々死ななくなります。Dodgeが非常に重要なので使用を意識しましょう。Dodgeの回転率を上げるSigil of Energyも役立ちます。 

大規模戦闘とプロフェッション

どのプロフェッションも攻撃、サポート、CCと何でもできますが、一応ロール的なものは存在します。また、根本的に向いているプロフェッションがあります。

GW2に存在する9つのプロフェッション。Armorタイプ別に分けるとこうなります。 

  • Heavy Armor - Guardian、Warrior、Revenant
  • Medium Armor - Engineer、Ranger、Thief
  • Light Armor - Elementalist、Mesmer、Necromancer

大規模戦闘により必要とされるのは、Guardian、Warrior、Elementalist、Mesmer、Necromancerです。Engineer、Ranger、Thiefはあまり必要とされないのが実情です。とはいえルール上何を使うかは自由です。どうしても愛着がある場合はとりあえず「死なない」・・・つまり敵をRallyさせなければOKだと思います。

ちなみにThiefは偵察やRoamingには非常に適性があり、Engneer、Rangerも特に単体の敵に嫌がらせをすることに関して非常に優れています。Engneerは一見AoE攻撃も悪くなさそうですが、グレネードは反射されるし、火炎放射器も射程が短くRetaliationの影響を受けます。AoEダメージディーラーがしたい場合、特に拘りがなければネクロの方が楽です。

PvEと違い装備をBerserkerで固めるのは危険です。特にMeleeなら自殺行為に近いです。Rangeなら自分の器用さと相談して、死なない範囲でBerserkerを付けるとダメージでの貢献度が上がります。特にNecromancerはBerserkerでも比較的簡単です。

Revenantはまだわからないのでここでは触れません。

プロフェッションと役割(MeleeとRange)

もう少し掘り下げると、大きな集団は主に「Melee」と「Range」で構成されます。

Melee

所謂前衛です。Heavy ArmorのGuardian、Warriorが該当します。装備品は耐久力のあるSoldierをベースに(特にHealthの低いGuardian)好みでKnightやBerserkerなどを混ぜます。基本的にはコマンダーと一緒に動き、死なずに持ちこたえて、一緒に突破するのが役目です。僕みたいにスタッフ振ってバッグ稼いでるようなのも多いですが。頑丈で比較的Stabilityにも恵まれているので狭い所でもしぶとく生き残れます。

GuardianもWarriorも味方のサポート能力が高いです。GuardianはStabilityやProtectionなどより保護的なサポート、WarriorはFuryの付加や、頻度の高いCC、ダウンした味方の範囲蘇生などが特徴です。

どちらもシンプルでとっつき易いプロフェッションです。

Range

所謂後衛です。Elementalist、Mesmer、Necromancerなどが該当します。装備品はHeavyほど耐久重視である必要はありません。Meleeのポジショニングが大きくコマンダーに左右されるのに対し、Rangeはコマンダーと付かず離れず自分でポジショニングを行います。比較的安全な位置に立てますが、中の人のポジショニング次第で生存率が大きく違います。特にMesmerは狭い場所では厳しいと感じます。

Elementalistは回復、CC、攻撃何でも担える万能な存在です。MesmerはVeilや反射、範囲Pull、味方を集団ワープさせられるなどユニークなスキルが多いです。Necromancerは強力なAoEダメージディーラーで、コンディション系のCCも豊富です。

比較的扱い易く万人向けと言えるのはNecromancer、どちらかと言えば器用な人が向ているのはElementalist、Mesmerだと思います。特にMesmerは揉みくちゃの集団戦では生き残るのが難しい方です。

定番ビルドを知りたい方は・・・

どんなビルドが良いか分からないので「とりあえずこれにしとけばOK」的なビルドが知りたい方はMetaBattleというサイトに各プロフェッションのビルドが載っています。細かい部分はギルドや個人で最良と思える選択肢が違うと思いますが、参考にはなります。WvWの大規模戦闘ではプロフェッションに役割があります。つまり、その役割をこなすに適したビルドが存在するという意味であり、良くも悪くもベースは決まっているのです。

MetaBattle

http://metabattle.com/wiki/MetaBattle_Wiki

*1:人数の多い戦闘では、Condition damageよりもPowerで瞬殺の方が効率が良いからです。

*2:Exotic等級の装備はカルマ(Orrの各Temple)、Badge of Honor、ダンジョン、クラフト、トレーディングポストなどで入手できます。初心者はSoldier(Power、Toughness、Vitality)が無難です。

*3:StoneやOilなどはレベル60の物が性能とコストのバランスが良いです。レベル80の物は急激にコストが上がりますが、拘るならそちらです。レベル80のStone類は効果時間が30分と60分の物がありますが、60分の方がコストパフォーマンスが良いので注意して下さい。

*4:ボイスチャットはサーバーにより異なりますが、多くのサーバーはTeam Speakを使用しています。GW2とは関係のないソフトウェアなので、個人でダウンロード&インストールが必要です。