いいかげんなブログ

GuildWars2をプレイ中です。Dhuumマンのオサレ鎌早く欲しいマン。

GuildWars2 - ムシキング

f:id:blueflake:20160726103708j:plain

今更Dry Topの続き。

分かってます・・・羨ましいのは・・・何しろですからね。

えっ?1年半前から持ってる?

虫気持ち悪い要らない?

・・・ ・・・

このコレクションを揃えられる日が来るとは。これを最初に見た時「無理だ」と思いました。しかし最近色々やってみて、実際に「無理」と言える程のものは案外少ないと思いました。何となく始める前から無理だと思っていただけで。

流石に、4日で残り半分を作れたわけではありません。ここにある事とゲーム内での活動の時系列は結構ずれているので、実際は半月ほど掛かったでしょうか。

f:id:blueflake:20160726103716j:plain

カブトムシールド

と言いたかったんですが、違うっぽい・・・どちらかと言えばクワガタ?Beetleとしかないので、具体的に何の甲虫を指しているか分かりません。

f:id:blueflake:20160726103726j:plain

ぎょう虫ソード

Ambrite weaponは地味ですが、よく見るとなかなか渋くて綺麗なので結構好きです。が、これだけはどうも好きになれません。いや、もしやこれはムカデでしょうか。確認したらCentipede(ムカデ)でした。ぎょう虫とか言ってすいませんでした。

f:id:blueflake:20160726103736j:plain

蛍トーチ

これは珍しいTorchです。何が珍しいかというと、火が出ない点です(殆どのTorchは色が違うだけで火が出る)。画像の様に蛍を模してぼんやり発光します。

余談ですがこれらの武器は幾らExoticとは言えど、EctoplasmやAncient woodなど高い材料も使うので、16個作ると結構な金額になります。例えば斧の場合、これを書いている時点の価格でTrading postで材料を買うと、7Gold近くになります。各種武器のクラフティングレベルも400まで上げている必要があります。Ascended armorが目的の場合、特に安上がりの手段ではないという事に留意して下さい。