いいかげんなブログ

GuildWars2をプレイ中です。Dhuumマンのオサレ鎌早く欲しいマン。

GuildWars2 - Specializations(下)

Specializations(上)の続き。(下)はReward TrackとElite Specializationについてです。どちらも完全に新しい要素となります。

Profession Reward Tracks


Reward TrackのUI
https://d3b4yo2b5lbfy.cloudfront.net/wp-content/uploads/2015/04/6ddd5HeroPanel_ScreenshotTraining4-590x447.jpg

  • スキルとトレイトのアンロックは、Reward Track上でHero Pointを使ってアンロックする新しいシステムに移行します。
  • Hero Pointは現在で言うSkill challengeから得る事が出来ます(今後Hero challengeという呼び方に変わるようです)。
  • 超過した旧Skill pointはMystic Forgeの為のクラフト素材に変換されます。スキルポイントを繰り返し与える事が出来たアクティビティやアイテムも今後は同様の素材を提供します。
  • Heart of the Mists(PvP)内では全てアンロックされています。


4/25追記
Hero Pointはレベリングにより400ポイント、スキルチャレンジから220ポイントをトータルで獲得します。全てをアンロックするには465ポイントが必要なので、全てアンロックすることが目的ならレベリングに加え、65個のスキルチャレンジをこなせば良いという事になります(Elite specialization除く)。したがって既にマップをコンプリートしている人は既に十分なポイントを獲得している事になります。

Profession Reward TrackにはCore specializations、Core skills、Elite specializationsの3つのカテゴリが存在します。

Core Specializations Reward Tracks
Core specialization(現行のトレイトライン)と全てのマイナー、メジャートレイトをアンロックします。1つのCore specialization毎に1つ、1つのプロフェッションではトータルで5つ存在します。

例えばエレメンタリストのWater Magic reward trackは次の項目をアンロックします。

  • Soothing Mist (adept minor)
  • Healing Ripple (master minor trait)
  • Aquatic Benevolence (grandmaster minor trait)
  • Soothing Ice (adept major)
  • Piercing Shards (adept major)
  • Stop, Drop, and Roll (adept major)
  • Soothing Disruption (master major trait)
  • Cleansing Wave (master major trait)
  • Aquamancer’s Training (master major trait)
  • Cleansing Water (grandmaster major trait)
  • Powerful Aura (grandmaster major trait)
  • Bountiful Power (grandmaster major trait)


Core Skill Reward Tracks
これらは1つのカテゴリ内のスキルをアンロックします。例えばウォーリアのSignet trackの場合、Healing SignetSignet of Might、 Signet of Fury、 Signet of Stamina、 Dolyak SignetSignet of Rageをアンロックします。


Elite Specializations


レンジャーがドルイドになる、ネクロマンサーがグレートソードを持つ、等の過去の話はこのElite specializationの一例でした。これらはレベル80の新しいSpecializationで、既存のプロフェッションに新しい武器、メカニクス、スキル、トレイトを導入します。

4/25追記
最初のElite specializationは来週アナウンスされます。そしてそれはレンジャーのドルイドではないようです。

新しい武器
Elite specializationは1つの新しい武器を導入します。レンジャーのドルイドSpecializationではスタッフを持てるようになります。あるプロフェッションはハンマー、あるプロフェッションは片手武器(メインハンドだったり、オフハンド)を与えられ、これらはそれぞれのプロフェッションに新しいプレイスタイルを提供します。これらの武器を装備するためには、それに対応するElite specializationをアンロックし、なおかつ装備している必要があります。

新しいスキル
殆どのElite specializationでは、新しいスキルセット(1つのヒールスキル、4つのユーティリティスキル、1つのエリートスキル)へのアクセスを得られます。Trapへのアクセスや、6つのシャウトスキルのセットにアクセスできるElite specializationもあるようです。これらの新しいスキルを装備するには、対応するElite specializationを装備しなければなりません。また古いタイプのスキル(例えばTrapやShout)はルーンシステムとより相乗効果が働くよう再構築されます。

新しいメカニクス
Elite specializationを装備していると、そのプロフェッション特有の核となるメカニクスに変化を加えようとしているようです。例えばLife force、Shatter illusionなどです。具体的な内容については触れられていません。

新しいトレイト
Elite specializationは新しいフルトレイトセットを伴い、Core specializationと同じく3つのマイナートレイトとメジャートレイトを与えます。攻撃を避ける度に1つのコンディションを除去するトレイトなどが示唆されています。

Elite Specialization Reward Tracks
これらのリワードトラックは、Elite specializationの武器、独特のメカニクス、スキル、トレイトをアンロックします。また新しいSigilとRune、新しい武器に対応したウェポンスキン、1ピースのアーマースキン(通常、頭か肩)を含んだアイテムが報酬として与えられます。

最後に通常のCore specialization(現行のトレイト)にElite specializationが入って来るとどういう構成になるかの例です。

レンジャーAの構成

  • Specialization 1:Marksmanship(Core)
  • Specialization 2:Wilderness Survival(Core)
  • Specialization 3:Beastmastery(Core)


レンジャーBの構成

  • Druid specialization(Elite)
  • Specialization 1:Nature Magic(Core)
  • Specialization 2:Skirmishing(Core)


Specialization=従来のトレイトラインと捉えると分かり易いです。Elite Specializationも独自のマイナー、メジャートレイトを持っていて、Core specializationと同じくトレイトライン1枠を使います。その上でElite specializationでしか装備できない武器やスキルがあるという事です。

相違点を従来のトレイト観で言えば、これまでは0/6/6/1/1のように振り具合を自分で調整していましたが、今後は0/0/6/6/6の様に「(Eliteを含めて)6つのトレイトラインの内3つがオンで、残りがオフ」のような振り方になるという事ですね。オンになっているものは自動的にグランドマスターまで解放している事になります。

文中に何度も書かれていましたが、これらは開発段階なので実際のリリース時には変わる可能性があるとの事です。

参考:
https://www.guildwars2.com/en/news/specializations-part-two-reward-tracks-and-elite-specializations/
http://dulfy.net/2015/04/24/gw2-specializations-ama-livestream-notes/