いいかげんなブログ

GuildWars2をプレイ中です。Dhuumマンはしにました。さようならDhuumマン。

GW2閑話 1 Melee Attack Assist

結構前にRedditやフォーラムで書かれているので知っている人もいるとは思いますが、Melee Attack Assistの設定で与ダメージが変わる可能性がある、という内容です。

Melee Attack Assistはオプション1番上のタブ、General Optionsの項目の1つです。初期状態ではオンになっていた気がしますが、忘れました。

 
効果は「prevents you from running through your target so that you stay in melee attack range」。これがどういうことかと言うと・・・ビデオの方が早いです。
 

最初はオンにしてます。ターゲットした敵に向かって走っていくと、敵の前で止まって走り抜けません。「prevents you from running through your target」の通りですね。

次はオフにしています。ターゲットしていても普通に敵を通過しています。

これがどうダメージ増加の可能性に繋がるのかというと、ガーディアンのWhirling Wrathで説明します。

Whirling Wrathで発生するダメージは

  • 回転によるダメージ(合計7回)
  • 発射体のダメージ(合計7発)

の2つがあります。

この内、発射体はガーディアン本人を中心に発射されます。つまり敵の隣で密接して使った場合でも、敵の方向に飛んだ発射体は当たりますが、敵のいない方向に発射したものは当たらないことになります。

キャラクターには当たり判定(ヒットボックス)が存在します。最大サイズのチャールでも最小サイズのアスラでも、当たり判定上では平等なのは、この大きさが統一されているからです。

敵をターゲットして視界前方の敵に擦り当てるように使った場合、Melee Attack Assistがオンだと敵の前で止まってしまうので、ガーディアンは敵のヒットボックス内部に入っていかず、発射体が一部しか当たらないという事になります。

凄く適当な図ですが・・・青が発射体で黄色がヒットボックスのイメージです。

 

動画でオンの時は殆どの発射体が外に発散され、何にも当たらず消えていくのがわかると思います。何にも当たらず消えていった発射体=ロスしたダメージ。

 

動画でオフの時はあまり発散されていないのがわかると思います。敵を通り抜けられる(=敵の内部に入っていく)ので、ヒットボックス内部で発射体を発射していて、そのままヒットするからです。動画でも若干ダメージが上がってますね。

個人的には操作感の面でもオフの方が好きです。