いいかげんなブログ

Guild Wars2をプレイ中です。Flame Ramの悪用は止めよう(提案)

関係無い話 - ホワ...

暇人過ぎんな...
http://minamiumayado.com/

予てからの夢を実現

空気のきれいな田舎でイタリア料理店を経営することが移住者の佐藤氏の夢だった。佐藤氏は12年前に南馬宿村に移住、ようやくイタリア料理店をオープンさせられるまでの信頼を手にした。移住してすぐに開業すれば良いではないか、と聞こえてきそうだがそれはとんでもない誤りだ。どこの馬の骨か分からない新参者が突然イタリア料理店をオープンさせようものなら南馬宿の村民に刺激を与え、開店当日バキュームカー横付けの上タンク内容物の逆噴射コースだろう。

入念な準備で信頼を得る

12年間1日も休むこと無く村の行事に参加し、送迎や野良仕事を手伝い高齢者をエスコート、農家の収穫の手伝い、公共施設の修繕・清掃ボランティア、災害時には96時間一睡もせずに村を守ったこともあった。佐藤氏は12年かけて誰よりも村や村人に尽くし信頼を得た上で、満を持してオープンすることになった。もちろんその間にイタリア料理の勉強を怠ることはなく、毎日少しずつ料理のスキルアップをしてきた。

いっけんできがいいんのでこんらんしてしまった。何気に秋田に失礼な件。

GW2 - Pugventure その8:42.195km走る必要はないんじゃヨ...

Sloth "Exp"。が、Pugに数回入って"Exp"は真に受けなくなりました(笑)現実は"Expだと自負している"方ですね。Pugに入るまで、僕の中では"Exp=1 Shot"というイメージがありました。例えばメカニクス(Sapper Bomb, Heavy Bombとか)でノーミスが当たり前の人が来るんだろうと...だから大分認識にズレがありました。

このグループはSlothを倒せるのか...?

結果は40分程やって成功。クリアできたのは良いことですが、クリーンではないです。どちらかと言えば、粘り勝ち...後半集中が切れて一瞬ぼーっとしていたら、ノックダウンなんて基本的な攻撃を貰いました(マラソンしそうな人が不安でずっとそっちを見ていたら忘れたような気がする)。1 Shotは集中力にも優しい...

明らかにマズイ点・改善点を挙げるとすれば...

  • Volatile Poisonが付いた時、遥か遠くまで走って行って毒を落とそうとして、そのまま死んでいる人が多い。
  • 特に意味も無くSlothの目の前に立ってFire Breathでダウンする人が多い。
  • 逆に毒の床が追いついて来ている時は、なかなか移動しなかったりする。
  • ChronoがFocusでSlublingの味方をPullしている。
  • Chornoがシェイク時Distortionを使う確率が低い。

こんなところでしょうか。DPSも低いですが、致命的な程ではないです(ただ序盤から死人を出す余裕はなさそう)。Volatile Poison等、明らかにメカニクス対処が変で死亡する場合が多いので、そこを修正すれば大分スムーズになりそうです。

Druidのビルド小変更

Slothで使用しているビルド
http://en.gw2skills.net/editor/?vNAQNBmYD7kRFomVsnFwWQgoFswIYOjuSXMA+pWVzqMFgvVAokjFG-TByGQBeUJIAuCAiRTwQ2foN6EUk6Pk7hAULlfiCwvA-e

前々回のバランス調整(Revenantが不人気になった回)からWarhornを使ってます。Windborne Notesトレイトとセットで。

SlothでのHealing SkillはCondition解除にも良いHealing Springを使用。開始地点に予め設置しておけば、戦闘開始直後からRegenが付きます。早めに設置すれば、開始後すぐ次が設置できる状態になっているはずです。

トレイト済みWarhorn#5, Healing Springで付くRegenは何気に良いです。DruidはTempestヒーラーに比べて広範囲の安定した秒間回復が苦手ですが、Regenで多少そこを補えます。Magiビルドだと他者へは秒間500程度回復します。勿論RegenのTickでCelestial Avatarのリソースも貯まります。Breakbar対策不要のボスではCC用ペットの代わりにHern Houndを入れることもあります。

Sword#3はEvadeなので、よくシェイクの時に使ってます。挙動がちょっと独特なので、位置取りを必要としないDodgeとして使ってます。

以前はPugで絶対にヒーラーはしませんでしたが、つい最近からDruidでも入るようになりました。今のところはヒールが~とか言う人はいないです。今のところは。

自分が思うまともなVolatile Poisonの落とし方。 

このグループではコマンダーのVolatile Posionの落とし方が模範的でした。

f:id:blueflake:20170304221213j:plain

  • 進行方向とは逆地点に落とす。
  • 壁際に落とす(中央寄りに落とせば、総被害面積が増える)。
  • 遠くまでマラソンする必要はない。

Volatile Poisonを落とす作業は、基本的に他人のサポートを受けず1人で完結するものです。毒に出入りする際は、ドッジ等で極力毒に触れる時間を少なくします。

遠くまでマラソンすれば良いわけではない理由は、1つは無防備な状態で毒の床を歩き続けることは、ダメージが大き過ぎて無理があるからです。若干後方であれば、大抵ドッジ等を使って自力で死なずに落としてこれるでしょう。

もう1つは、毒は最終的に長時間掛けてかなり広範囲に広がります。故に落とすなら、安全かつ、今後最も長時間訪れないであろう場所が良いです。だから消去法で行くと、もう1週するまで訪れない現在位置の若干後方...ということになります。

GW2 - 450

初めてレイドに行ったのは2015/11/20らしい。僕はバニラの頃Dungeon, FotMはあまり好きではなく、PvEの為の装備セットは持ってなかった。当然レイドも当初は行っても数回見物して終わりだろうと思っていたので、今の状況は意外と言える。砂漠マップ等でWvWへの感心が薄れたのもある。

f:id:blueflake:20170302133112j:plain

今週でLIが461個になった。Wing 3以降は殆ど初週からクリアできているんだけど、最初は本気でクリアする気がなかった為、スロースタートで29個?取りこぼしてる(490個を全く取りこぼしてない人と仮定して)。Legendary Armorを1セット作るには150個必要...なんだっけ?もしそうなら、3つのウェイトがコンプできる数を達成したことになる。実際作るかは別として...

Legendary Armorを謳い文句にレイドがリリースされたのが15か月以上前で、まだそのLegendary Armorが作れないというのが...(笑)けれどもまあLegendary Armorを熱望している人は少数派だと思う。LIの使い道がそれ以外ないから、記念に作るかも知れない、程度の感覚の人が多いのではないだろか。

今、理屈の上で使用可能なPvE用ビルドは...

  1. Power PS Warrior
  2. Condition PS Warrior
  3. Berserker Guardian
  4. Berserker Revenant
  5. Magi Ranger
  6. Berserker Ranger
  7. Viper Ranger
  8. Berserker Teef
  9. Berserker Eng
  10. Viper Eng
  11. Minstrel Ele
  12. Berserker Ele
  13. Minstrel Mesmer
  14. Berserker Mesmer
  15. Viper Mesmer
  16. Viper Necro

武器のみ交換するビルド(EleのStaff, ScepterとかGuaridanのScepter, Hammerバリエーションとか)も入れると+3ビルド程になる。Armorはレイド用以外のMarauderだのCrusaderだのも全部合わせると20セット程になる。当然それら全部使いこなせるかは別で、実質使っているのはRanger, Mesmer中心。突然Eng出せとか言われたら、自信を持ってアンダーパフォーミングしますと言える...

余談だけど、僕はクリア目的ではPugしない。その週既にクリアしたボスに物見遊山で行っている。KC入場バグで死亡してクリア直後にキック...という私刑を食らったあの人は、結局あの週のKCは戻ってこなかったそう。

Pugventure日記は、実は別に苦戦しているPugへの批判ではない。苦戦自体は大いに結構だし、むしろ1 Shotだったら拍子抜けしてしまう。。それと僕自身大抵ねむかきしながらやってるし、他人に指導()出来るほど上手くもない。故にゲーム中は無言。何故このグループは上手く行ったのか/駄目だったのか、どうすれば上手く行きそうかを、明らかにスピードランはしないが、基本的に1 Shotできる、フルクリアしている、という微妙な立場から考察してみるところに目的がある。99%の人はスピードランに興味はないと思うし、(スピードラン戦法を真似なくていい範囲で)何をどう変えればクリア出来る可能性が上がるかの方が気になると思うから。

GW2 - Danger Ranger

Condi Ranger強いマン。先週のバランス変更後。Gorseval→Sabetha→Cairn→Mursaat Overseer→Samarog。

Condi RangerはAlacrity依存度が高いので、本当は2 Chronoだったらもっと良かった。ただこの時は自分がCondi rangerしたかったので、途中Wing 4で人が入れ替わるまでChrono出来る人が1人しかいなくなってしまった。

Eleは何だかもう微妙ですね。ハイリスクハイリターンが、ハイリスク微妙リターンになってしまった。Eleが上手くてチームのサポートも良くないと敢えて選ぶ理由がない。Gorseval, Sloth, Bandit, KCのStaffはまだOKかなと思いました。No Updarftも元々Eleなんてオーブ掃除に2人もいれば事足りますからね。

結局Deimosまでクリアして、その時Druidで通称Oil(黒いAoE)を引く役をやりましたが、録画し忘れました。あれ嫌だなあ...Wing 4は難しいとは思いませんが、即Defeated要素が多過ぎるような。特にDeimosは1人のうっかりでやり直しになることが多いので、面倒臭さ>楽しさかも知れない。高Pingやラグスパイクにも弱い。

GW2 - Bastion of the Penitent: Cairn the Indomitable

Wing 4 Boss 1 Cairn the Indomitable。Jade Constructのモデルを再利用した、手抜き奥に行くほど本格的なボスに遭える感を演出する、再利用系雰囲気ボス。誰々がXXXしなきゃいけないっていう所謂Personal responsibilityはなく、最悪誰かが生き残っていればいつかはクリアできる。個人的にはFotMボスの延長という感想。

パーティ構成例

太字:Agonyの優先ターゲット(遠くに立つ人)

5/5分割

  • PS Berserker, Druid, Chrono, DPS, DPS
  • PS Berserker, Druid, Chrono, DPS, DPS

これだと理論上DPSは上がるだろうけど、ややリスクは上がる。僕のグループ(1回で成功させることを最優先している)の場合こうなる。

  • PS Berserker, Druid, Chrono, DPS, DPS
  • PS Berserker, Druid, Chrono, DPS
  • Healer Tempest

DPSを1人減らしてHealer tempestを増やしてる。これでも3分以上残る。Healer tempestだけが1人で遠くに立つ。遠くに立っている人は優先的にShared Agonyを貰う。Matthiasで活躍したCondi Mesmer DPSはここでも使える。

スペシャルアクションスキル

  • Celestial Dash: DruidのStaff#3と同じ挙動。EvadeしながらRange 1,200以内の地点へグラウンドターゲットでリープできる。サークルに滑り込む時、ノックバックやテレポートを受けてすぐに中央に戻りたい時に便利。

f:id:blueflake:20170210151233j:plain

ボス戦

位置取り

他のグループがどうしているかは分からないけど、僕のグループはこう。ヒーラー1人が反対側に立ってShared Agonyを優先的に取ってます。

f:id:blueflake:20170225181924j:plain

エフェクト

  • Shared Agony: AoE内の味方にダメージを与える。Cairnから最も距離の遠いプレイヤーから順に、同時に4人まで付く。Zergにいるプレイヤー(1人で離れているHealer以外)は持ったらグループに重ならない程度に離れる。
  • Unseen Burden:1スタック毎に1%移動速度が減少。最大99スタック目で動けなくなる。後述の緑サークルでスタックを減らすことができる。

f:id:blueflake:20170210151212j:plain

Shared Agonyを持つと赤いエフェクトに覆われる。

ボススキル

  • Meteor Swarm: オートアタックの最後のチェイン。コーン状に幾つかのProjectileを発射する。ノックバックを伴いUnseen Burdenを増加させる。Block, Evade, Reflectなどは普通に有効。
  • Cosmic Aura: 持続的に小ダメージを受ける。
  • Displacement: プラットフォーム中央付近に同時に3つ発生し、触れるとステージ端の方に飛ばされる。VGのテレポート攻撃の色違い。音が無いためVGより若干分かり辛い。
  • Energy Surge: Cairnがグリーンサークル間をテレポートしつつ、ノックバック攻撃を5回繰り返す。この時ステージ端のグリーンサークルに待機していると、そのままノックバックで場外に落とされる事がある。単なるSpatial Manipulationか、このEnergy Surgeを伴ったものか、見分ける必要がある。
  • Gravity Wave: 後半のみ見られる行動。内側から外側に向けて3回 Jadeの波をような物体を出現させる。全方位ノックバック。
  • Orbital Sweep: 中盤以降に見られる行動。Cairnの右手が巨大化し1回転攻撃する。長距離Launchを受ける。落下死の要因になり易い。
  • Spatial Manipulation: Cairnが中央で数秒間キャスティングし、グリーンサークルが出現する。Unseen Burden, Floatを受ける。グリーンサークルに乗る事で攻撃を回避できるが、サークルの大きさによって攻撃発同時に乗っていなければならない人数が違う(小さいサークル=1人 大きなサークル 3人など)。規定の人数に満たない場合は、この攻撃を受けた判定になってしまう。

なおEnvoy Armor IIのJade HeartはCrystalline Heartをアクティブにした状態で、このSpatial Manipulationを受けずにCairnを倒す必要がある。死亡するとCrystalline Heart効果を失ってしまうので、死んだら忘れずにエフェクトを付け直そう。

ビデオ

Condition Ranger

Druid

Chrono

Teefソロ...ホ、ホワッ(他の人の動画)