いいかげんなブログ

160,000 kills達成ヨダ。あと90,000ヨダ。

GW2 - EBG: Even Bigger Greed

今週も元気に・・・いや元気ではないかも知れませんがWvWです。また風邪を引きました。9月風邪、10月胃腸炎、11月風邪。12月は何もないといいですが。それと手の調子がこのところずっと良くありません。去年むち打ちになった頃からです(直接関係あるかは不明)。手がこわばって上手く動かないことが多いですが、色々な検査を受けても「異常なし」。最近飽きが早いのは、疲労しやすく上手く動かせないストレスもあるでしょうか。そんな気がします。

さてWvWのマッチングはブラゲーに代わりSBIが入ってきました。

f:id:blueflake:20181118154130j:plain

土曜日のOCX。意外な時間に強いSBIの手の者。それも殆どpugっぽいし、謎です。eAの手の者とWEの手の者の2部隊でしたが、暫く自陣側でSBIにやられっぱなしでした。2部隊体制が無駄だという批判も見られましたが、この後徐々に連携が良くなったようでSBIの手の者を押し返しました(確かに下手にばらけるより1 blobの方が良いことは少なくないが)。

なお、夜は織田軍の激しい焼き討ちに遭うのであった・・・

f:id:blueflake:20181118155143j:plain

ODAに混じってYODAの手の者を発見しました。紛らわしいです。

f:id:blueflake:20181118155358j:plain

先はまだ長いヨダ・・・だが一応160,000を超えたヨダ。万区切りに到達したのは久しぶりヨダ。Rankはとうとう4,000にしたヨダ。

f:id:blueflake:20181118160212j:plain

本当はblobビルドだけでなく遊撃ビルドでも遊びたいですが、如何せん手が動かないので当面は無理そうです。撃墜される側にしかならん。

そういえばブラゲーと言えば、僕はこの画像がなかなかインパクトあって記憶から消し去れないんですが、勇気のある人は見るといいですよ。「もう21世紀だし」と何か通ずる物を感じるのは気のせいでしょうか?「必要ということ」これもレパートリーに入れときますかね汎用性高そう。


MIのダウン回復%について。実際は表記の20%より遥かに多く回復してる感ありまくりなんですよね。

 

www.reddit.com

標準的なMinstrel FBで現実的(realistic)なoutgoing healingを想定するとMIでこれだけダウンHP(%)が回復するそうで(ちなみにここでのrealisticとはF2#5 Epilogue: Eternal Oasisを除いたものと定義されている)。Sigilに1つ空白がありますが、そこにLifeかBenevolenceが入るのでしょう。

If downed player is not poisoned 

  • Using Benevolence: small = 66.7% | medium = 60.1% | large = 57.1%
  • Using Life: small = 64.8% | medium = 58.1% | large = 55% 

If downed player is poisoned 

  • Using Benevolence: small = 56.3% | medium = 50.7% | large = 48.1%
  • Using Life: small = 54.1% | medium = 48.6% | large = 46%

それと最後の結論部分を抜き出すと・・・

  • MI的にはSigil of Benevolenceの方がLifeより良い。
  • Firebrandは出来るだけ早くMIを使った方が良い(早く反応すればするほどMIで起き上がれる確率が高くなる)。
  • MIの効果はoutgoing healingとpoisonによってはっきり変わる。
  • MIのみで毎回1発で蘇生を成功させることは出来ない(それに十分なhealing powerとoutgoing healingを達成することはできない)

まあ大体ダウンの半分を回復すると思っとけばいいですかね。でも僕これ半分ぐらい逃げに使ってるから・・・タグ付けに強欲になる→ヤバいッ→MIで脱出的な・・・おっと何でもありません。


ところでこのARP(The Amateur Raiding Party)にWEなるギルドが出場しているのにお気付きでしょうか。 

www.reddit.com

このギルドWe Wipe On Escortという名前(Escortとは最もボスファイトが簡単なレイド)で、何だか某WvWギルドのパクりのような気もしますが・・・おそらく気のせい。しばらく前にLFG上でメンバー募集していた時の勧誘文句が「でっけえe-peenとeven bigger DPS募集」。memeギルド臭が・・・

GW2 - Friends 9 悪夢

2~3日前、初めてGW2に関係する夢を見ました。

※これは夢です

僕は月1で新幹線を使うのだが(これは本当)この日はなぜか地元の新幹線の駅が大改造されており、上下線合わせて20ラインはあろうかという程に増えていた。その分ホームも増え、僕は訳が分からなくなり誤った新幹線に乗車してしまった。付いたのは見知らぬ町だった。

町は織田の手の者により統治されていた。

着いて早々なぜか新顔であるはずの僕はVIP扱いされ、町の重役となる。そして「町民マラソンをするのでお前がコースを決めろ」というようなことを伝えられる。いきなり専用ヘリに乗せられ町の上空へ飛ばされる。空から眺めて町民マラソンコースを決めろということらしい。知らんがな。

まずは高台の方の町役場上空を飛ぶ。この辺はまともな町らしく整備されているが、そもそも僕はこの町を知らないので、これでマラソンコースを決めろと言われても困る。徐々に一般住民の住宅が並ぶ海岸沿いの低地の方に移動していく。住宅街の中には町で唯一のコンビニであるミニス〇ップがあった。そこで致命的なことに気付いた。

町が水没している。

織田の手の者によると、この町は海抜がとても低く干満差も激しいので、満潮時には海岸沿いの住宅地域が水没する仕様だという。

は?

この後の記憶は一時途切れているが、結局僕はどうにかしてマラソンコースを決めたようで、当日運営スタッフとして町民マラソンに参加していた。ただし車で。町民マラソンは低地の住宅街に差し掛かる。

しかしこの時、あろうことか満潮が来てしまった。マラソンコース(と住宅街)が徐々に水没していく。遅いやつから飲まれていく。やばい・・・!そう直感してハンドルを切り、ミニス〇ップへ逃げる。さすがにコンビニまで行けば水没しないとか思ったのだろうか?しかし甘かった。織田の町はミニス〇ップ諸共水没していく。なんといいかげんな町なのか。

死ぬ・・・

と思ったところで目が覚めた。

織田の手の者、適当過ぎだろ。夢だけど。

GW2 - 21世紀のため新天地へ

もう21世紀だしラグも酷いので、なんかお勧めされたKaineng(正確にはKNはフルなので新しくリンクされたFerguson's Crossing)という所に行ってみました。

そこにいたのは...

f:id:blueflake:20181113113002j:plain

ODAODAODAODAODAODA

f:id:blueflake:20181113113028j:plain

ODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODA

f:id:blueflake:20181113113047j:plain

ODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODA

f:id:blueflake:20181113113059j:plain

ODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODAODA

織田軍がSEAを制圧していた。織田の手の者、なんか前より強い?この日僕がEBGにいた間は負け戦無し。K/Dが凄いことに。

f:id:blueflake:20181113113456j:plain

最近忙しく滅多に会わなかった織田の手の友が来るというので、久し振りにWvWをしました。KNには文字通り「アライアンス」なる同盟があり、NA~SEAまで幅広い時間帯から幾つかのギルドが参加しているようです。加盟ギルドがレイドを始めるとお知らせが来るので、時たまWvWerにも遊びやすい。WRのプリメイド同盟なのかは分かりませんが。早くWR来ないかな。

GW2 - The Bearbows

10 bearbow rangers VG。文字通り武器はBowペットはBear縛りです。実はPoFが来る少し前に1度試みており、その時は失敗しました。果たして今回この10 "bearbow noobs"はVGを倒せるのか...?

今回はなぜか1 shotでした。2 Boon&Heal Druids/8 SB。ひたすらBowでPewpew、Greenは全員で乗りに行くという極めて原始人的な手法です(おそらくそれもロールプレイの一環)。Blue Guardianのバリア除去は贅沢にSigil of Nullification(というか前回の企画時、既にNullification入りLongbowが作成されていた)。後半良くない位置にGreenが出てマズいと思いましたが、ピッタリSpirit of Natureが嵌まって難を逃れました。 LB#4はやっぱ貫通無いとロクに当たりませんね。

"Bearbow"はGW2の代表的なMemeの1つです。 

Card

Heart of ThornsでDruidが誕生するまでRangerはパーティの厄介者で、特にLongbowとBrown Bearを使用しているRangerは"典型的"なシンボルでした。LFGに"No Ranger"の文言があったほどです。

次はGuardian 10人でRetaliationのみで倒すとか不吉なことが聞こえてきましたが...

結構です。

GW2 - Budget Druid

Budget(低予算)Druidガイド見てみました。この間のBoonshare Chronomancerガイドと同じ投稿者です。

Raiding on a Budget: Week 3: Healing Druid [28g] : Guildwars2

動画のビルド

http://gw2skills.net/editor/?vNAQNBmYD7kRFomVsZFwVFgoFswIYwP1qaW1Z0V6iBMFgvVAok58G-jRCBABWoEc/LCAAm/mRzAh6Au4JAIk6PRp8Lr9HIFgfD2A-e

Q:このビルドは使えますか?
A:レイドでは使えます。フラクタルでは使えません。ExoticギアにはAgony Infusionが入れられないからです。

急遽Druidを作りたいが予備のギアが無い方向けですかね。

スキルローテーション部分。大部分の時間はS/Wセットを使う。ハイプレッシャー時にスタッフに切り替える。基本的に以下のスキル回転。

  1. Warhorn#5
  2. CAに入る
  3. CA#4
  4. CA#3
  5. CA#2
  6. CAを抜ける
  7. Glyph of Empowerment
  8. Warhorn#5
  9. CAに入る

これはSigil of Concentrationを使用していないこともあり、とてもビギナー向けに簡素化されたスキル回転ですが、基本Druidのプレイ方法はこの通りです(CA#3の使い方には賛否あると思うが)。10分に纏められているのでやや説明不足な点もありますが、ビギナー向けによく纏められたガイドだと思います。

ただし他プレイヤーからの指摘もあります。

  • 95%の場面ではWater Spirit>Healing Spring。
  • Healing powerトレイトはリバイブトレイトより断然良い。
  • ペットは最高DPSでCCも兼ね備えているIbogaが良い。
  • Gazelle F2はアクティブ時にモーションの遅延がある。99%の場合Wyvernの方が優秀。
  • Boon durationが低いのでパーティ分割時にMightが維持できない。
  • DeimosでEntangleは要らない。JacarandaとCA 5で十分。Spirit of Natureの方がハンドカイター等がミスした時の対応に幅が出せる。
  • 基本的にAxeの方がSwordより良い。WeaknessはWeaverのダメージアップトレイトに貢献し、他のコンディション数に応じたダメージアップトレイトにも貢献する。
  • CCが余分に必要ならばGlyph of EqualityよりもStorm Spiritのアクティブスキル(Stun 3s=300 breakbar)を使った方が良い。
  • Crest of Magiの代わりにPlatinum Doubloonを使った方が良い(その場合HPは120落ちる)

個人的には、特にAxeに関して同意します。僕は今は全エンカウンターAxeです。Axeに付いているChillも予備のスネアとして有効です。

PetもIbogaをデフォルトで使用しています。

ヒーリングスキルは、単純にWater SpiritがHealing Springの上位互換とは考えられません。Water SpiritにはCondition解除が無いので。

Boon durationに関しても10人の時ならば問題にならないと思いますが、5人に分割したり、もう1人が離れてソロDruid人になる時Mightが薄くなる可能性があります。ただしこのガイドのコンセプトは「安く」。Toughness/Healing Powerなどとのバランスを取りつつBoon durationまで完璧に...と考え出すと「安く」は困難になりますから、これはこれということなのでしょう。

どの意見を参考にするか?に関しては、コメントのポイント数も参考にして下さい。的を得ているコメントはポイントが高い傾向があるので。

GW2 - 2018/11/03用語集への追加項目

AR

【名詞】Agony Resistance。Fractals of the Mistsで、Agonyを伴う攻撃のダメージを軽減するための抵抗値。Agony InfusionをAscendedギアのInfusion slotに装着することで、上げることができる。

/gg

【名詞】このチャットコマンドで意図的にDefeatedになれる(手っ取り早くやり直せる)/resign /surrender /qqなどでも同様の効果だが/ggが一般的。

LNHB

【名詞】タイトルLeaves No Hero Behindsの省略。Fractals of the Mists 100 challenge moteを死者無しでクリアすると取得。

OOC

Out of combat(Squad内にコンバット状態の人がいるとDefeatedの人が復活できない)OOCを待つより/ggが手っ取り早い場合も。

Prob

【副詞】Probablyの省略。

SJW

【名詞】Social Justice Warrior。社会正義のために戦う戦士(誉め言葉ではなく軽蔑)。インターネット上のSNSなどの論争において、独善的で中身の薄い持論を展開する人物に使われる。

GW2関連ではJessica Price解雇騒動の時にちらほら見掛けた言葉です。ナラティブチームだったJPはGW2プレイヤー(個人)からの批評を受けた際、自分が女性Devだという理由で不当に批判されていると主張し、その対応が不適切としてArenaNetを解雇されました。なお世間一般の反応は、プレイヤーの批評は差別的でなく、JPの反応が異常との見方が大多数でした。

ゲーム内では、ある特定のコンテンツに反対するプレイヤーにこの傾向が見られます。それらのプレイヤーはしばしばゲームやコンテンツに対する理解度が低く、的を得ていない批評を行うためあまり賛同が得られなかったり、所謂「炎上」をする傾向があります。他に敬遠される理由としては「弱者(初心者など)の味方」を演じながら、実際は自分に合わないものをゲームから排除したい(自分の正当性を高く見せようとするために都合よく弱者を利用しているに過ぎない)という自己中心性が見透かれているからというのもあるかも知れません。

Statues

【名詞】レイドW5B2 Statues of Grenthの省略。

Strat

【名詞】Strategyの省略。~strat:~戦法。

VitV

【名詞】タイトルVoice in the Voidの省略。レイドW5をメタアチーブメントを完了することで取得。

W/ W/O

【前置詞】W/=Withの省略。W/O=Withoutの省略。

GW2 - 最近のPvE Chrono: Boonshare(2018/10)

焼き直し版。そろそろ覚えないといけないので...2018/10/2バランスパッチ後のRaid(10人)向けChaos/Inspiration Boonshare Chronomancerについて。なお生煮えなので後から加筆・修正予定。

ビデオガイド

このビデオガイドは3つあるシリーズの1つです。

  1. Chaos/Inspiration(Raid)
  2. Illusions/Inspiration(Raid)
  3. Chaos/Illusions(FotM 5人用)

このガイドは1のChaos/Inspi(Raid=10人用)です。これが今自分が使っているビルドなので、今回はこちらを取り上げました。

動画のビルド

http://gw2skills.net/editor/?vhAQNAs+cnsICFohlfC+pBMrhlhj6sDygKwMA2sGqeTD1TF-jRSBQBUS9lJ+AAAwJBwMKBFlKE8b/hLqE6KKfwjehAAHAn38Yew5nf+5nfeN/8zP/8zP/8zPvUABurC-e

補足1:ギアは不明なためSupport Chronomancer | Snow CrowsのRegular Chaos Variantからコピー。

補足2:フードは2018年の新ハロウィンフードSoul Pastryが、今後最適フードとして使用されると思われる(ビルドエディタはまだアップデートされていないためFried Golden Dumplingsを入力している)。

バランスパッチ主な変更点

実際のスキルローテーション解説前に、今回のバランスパッチの中でBoonshareに深く関わる変更点を解説しています。

  • Illusionary Inspiration(Inspiration Grandmaster)の「Phantasm召喚時にSignet of Inspirationをキャスト」効果が無くなった。自分のBoonをコピーする手段がUtilityのSoIのみになった。
  • Blurred InscriptionsがDomination→Inspirationに移動した。「Signetのリチャージ20%短縮」効果が消え、新たに「Signet毎にユニークな効果が加わる」効果が加わった。Boonshare chonoに欠かせないSoIは「最大ターゲットが5人→10人になる」効果が加わった。
  • Blurred Inscriptionを取った2人のChronomancerがSoIを使用することで(パーティを超えて互いにBoonをシェアできるため)全12 Boon中、Aegisを除いた11個のBoonが常時維持できる。
  • Well of Recallの代わりにMimicを使うようになった。MimicはSoIのために使う。

補足1 - Recallが抜かれた理由

RecallはCDが35→30秒に短縮された代わりに、AlacrityのDurationが5→4秒になった。前述の通りBlurred Inscriptionを取った2人のChronomancerがSoIでBoonをバウンスし合う方法が有効になったため、相対的にRecallを入れる価値が下がった。

補足2 - SoI=Aegisシェアがデフォルトに

Blurred InscriptionsがInspirationに移動したことで、このビルドを使用するRaidでは再びSoI=Aegisシェアがデフォルトになった。※SoI→Distortion→Aegis(Inspiring Distortion: Inspiration Minor)が自然に成立するため。

オープニングサンプル

ビデオでは2回目のCSまでのスキルローテーションが(DPS要素も含めて)カバーされていますが、長いのでここではオープニングの部分でBoonshareに直接関係のある部分だけを抽出しました。

  1. Shatter(Bountiful Disillusionment: Chaos Grandmasterの効果でBoonを得る)
  2. Sowrd#5, 3(Sword#3はClone生成のため。Cloneの数に比例してCSの秒数が伸びるため、Cloneが多いほどCSコンボは楽)
  3. Weapon Swap
  4. Shiled#5(順序的にはCSより先だが、キャスティング中にCSに入っているので、CS後にはリチャージされている)
  5. CS
  6. SoI
  7. Well of Action
  8. Mimic(a)
  9. CS終了
  10. SoI(ここでMimi(a)を消費)
  11. Shiled#5
  12. Well of Action
  13. Mimic(b)
  14. Weapon Swap
  15. SoI(ここでMimi(b)を消費)
  16. SoI

30秒に1回しか使えないように見えるSoIが、CSとMimicによって4連続にまで増殖。この芸当はChronomancer以外には不可能。僕の場合なるべくSoIの前にShatterとHealing skillを使います。ShatterはStability, Healing SkillはChaos StormでBoonを得るためです。

スキル順序の要点

上のスキル回しだけを見ると、おそらくあまりChronomancerをプレイしない人は意味が分からない可能性が高いので、要点を捕捉します。まず理屈として最低限理解しておきたい3点を挙げます。

1.自分のBoonを味方にコピーする方法はSignet of Inspirationのみ

 ⇒自分に十分なBoonが付いている状態でSoIを使う必要がある。つまりSoIは基本的に、Boonshareローテーションの締めに使う。

2.MimicはSignet of Inspirationの回数を増やすためにある

 ⇒基本的にMimic→Signet of Inspirationの順序を守る。ちなみにMimicの効果は10秒(Buff欄にMimic固有のアイコンが出る)なので、Mimic使用後は10秒以内にSoIを使わないと効果が無い。

3.ただしCS中はSoI→Mimicの順序で使う

 ⇒CS中はMimicを最後に使う。CS中に獲得したMimicのBuffは、CS終了後も消えずに残る。CS中の最後にMimicを使うことで、CS終了後にMimicの効果が1回フリーで使える(勿論そのフリーMimicはSoIに使う)。CS中にMimic→SoIと使用すると、CS中のSoI(いずれにせよCS終了後にCDがリセットされる)にMimicを使用することになるので、意味がない。

それを踏まえて、非CS時・CS時それぞれ以下の基本ルールに沿ってスキルを使用すれば、そんなに酷くBoon維持率が損なわれることはありません。

CS外

  1. Well of Action
  2. Weapon swap
  3. Tides(無ければ飛ばす)
  4. その他Boonを蓄積するスキル(Healing skill, Shatter等)
  5. Mimic(無ければ飛ばす)
  6. SoI

WellのBoonは最後のパルスで付くため、weapon swap直前にWellをキャスティング開始して良い。その方がConcentrationの持ち時間に余裕がある。

CS中

  1. Weapon swap
  2. Tides(無ければ飛ばす)
  3. Well of Action
  4. SoI
  5. Mimic

※最後にMimicが来ればいいので、3と4の順序はそれほど重要でない。

Well of Actionの最後のパルス~SoIまでの一連の動作がSigil of Concentrationの有効時間内(7秒)に収まるようにします。Weapon swapしてからWell of Action...(一連の動作)と行う人もいますが、Concentrationの持ち時間に余裕が無くなるので僕はあまり好きでありません。Well of Action→weapon swap→その他の順で行うことが多いです。

GW2 - Friends 8 信頼と実績

真面目なタイトルに釣られた人もいるかも知れませんが、何のことはないオッサンの悲劇トリロジー最終部です。

Fractal Godを目指す我が村(と稼げるから寄生している僕)にとって目下の課題は、1日当たりの獲得Relic量を増やすことです。デイリーのついでにロビーのJPもすれば、僅かながら1日当たりのRelic獲得数が増します。僕は通常自分で行うほどの意欲は無いですが、よくオッサンがJPをやってチェストまでポートしてくれます。そう...オッサンは何故かこのJPはド安定なのだ。

 

(なぜQadimはあの様で、このJPはできるのか?だとしたら他のJPはどうなのか?例えば今やってるClock Towerとか...)

僕「オッサンはMad King's Clock Towerは得意なんですか?」

オッサン「まあOKだよ」

A「嘘付くなよ」

B「前の記憶だと微妙だったけど」

オッサン「なんだやんのかお前ら?」

誰も信じない。

 

オッサン「Clock Tower来いや。JPレースするぞ」

僕「僕はClock Tower's Championも終わったし今年はもういいです」

C「頭おかしいよ君」 

オッサン「おいJP入ったぞ。私のインスタンスにJoinしろや」

A「あのJPってJoinできるの?」

B「InquisitionはできるけどJPはできないんじゃ?」 

僕「じゃあ配信はどうですか?証拠が見たい」

A「配信して」

 

オッサン、JPを始める。 

僕「配信まだですか?オフラインになってる」

A「オッサン早く配信しろや」

オッサン「別に(JPするとは言ったけど)配信するとは言ってないし」

C「ずるい」

A「配信まだ?」

 

A「配信しろ配信しろ配信しろ」 

オッサン「おい配信始めたぞクソ共!」

不遜な村人の態度に、荒れるオッサン。

 

オッサン、3回連続で成功する。

(えっ、やるじゃんオッサン)

オッサン「これでいいだろクソ共が!」 

僕「僕は嘘つき呼ばわりした1人じゃないですよ」

オッサン「lol

A「俺も信じてたよオッサン!」

(君さっき速攻嘘つき言って配信強要してたじゃないか)

オッサン「は?」

 

オッサン「あばよクソ共ガァァ!」

不遜な村人の「かわいがり」に遭ったオッサン、捨て台詞を吐きレイドにJoinしていった。この信頼もきっと実績(Qadim)に根ざしたもの。頑張れ、信頼と実績のオッサン。まあこれも僕が余計な疑問を抱いたからなんですが。また悲劇を増やしてごめん、オッサン。反省は特にしてない。

オッサンの悲劇三部作

  1. GW2 - Friends 6 ホールインワンおじさん - いいかげんなブログ
  2. GW2 - Friends 7 メン - いいかげんなブログ
  3. GW2 - Friends 8 信頼と実績 - いいかげんなブログ