読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いいかげんなブログ

Guild Wars2をプレイ中です。PvX。ウォーリアさん、話を聞いてない、読んでない。

GW2 - Pugventure その7: No Updraft Gorseval 4体同時ホールド

Raid GuildWars2

先週も月曜日に行ってみました。やはりLF chronoが多いです。

"Wing 1 clear 200 LI+"。しかし早速86 LIを貼るウォーリアさんが現れる。なおキックはされなかった。ただ誰にも装備を貼れと言われていないのに、何故か早速カッコイイTwilightを貼る。ウォーリアさん、話を聞いてない。読んでない。

VGは既にクリア済みだった為Gorsevalから。No updfraftで、更にCharged Soulは4体同時ホールドすると言う...実はこれ、初めてでした(これをやるのは見せビデオを作っているギルドぐらいなんじゃないだろうか?と思っていた)。結構すんなり行ったので、ひょっとしてPugでは割と普通なんでしょうか。Gorsevalに限らず、Pugと自グループの微妙な戦法の違いは多いので、興味深いです。

果たしてこのPugはGorseval no upfradtクリア出来るのか...?

Spiritが出現するのはBreakbar後。独特のサウンドもあるので、意識すればすぐ分かるようになると思う(Openworld PvEで、Bandit等人型の敵が地面からジャンプして湧き出てくる音?と同じ)。

結果、意外なことにDPSは十分で、2回目であっさりクリア。1回目はEntangleで失敗して?Charged SoulがGorsevalとくっ付いて失敗。

作戦

  • Breakbarを一切破壊しない
  • Charged Soulは4体が中央に近付いたところでEntangleして、纏めて一気に倒す
  • Breakbar中の生存は、最後の2回の床の変色は避けず、1回目をDistortionで、2回目はReboundで耐久するよう指示していた

成功要因と思われるもの

  • DPS(3 Tempest, 1 Ranger)4人の平均値が比較的ムラなく良い
  • DruidもOKだった
  • Breakbar中バラバラにならずちゃんと同じ場所に固まっていた
  • コマンダーの指示が細かくて適切(↑が上手く行ったのはこれも大きい)

No upfraftの成否を決めるのは、DPSクラスだけではないです。特にBreakbarを遅らせる作戦では、サポートクラスの巧拙もけっこう難易度を左右します。

No updraftは動かないので一見Chronoには楽そうですが、実は神経を使います。というのはBreakbarを破壊しない作戦だと、必ず変色した床を避けられない(もしくはボスから遠ざからないといけないパターンは故意に避けない)シーンがあります。その時、変色した床が消えてダメージ判定が出る最後の一瞬に、Distortionを指示する人もいます。Distortionシェアについてはこの間書きましたが、効果時間は1秒。

しかし僕はChronoでBreakbar無しをやったことがあまりなく、タイミングがよく分かりませんでした。Breakbar 3回中、1/3回目が成功で、2回目は早過ぎてスカったっぽい?通常通りQuicknessも並行して見なければならず、Spiritが出るタイミング(breakbar後)でPullも...と、結構プレッシャーが掛かります(Druidが良くてDPSもRetalで死なない程度に攻撃を抑えてくれれば、スカっても何とかなるんだけど)。

よろしくない点

  • Gravity Wellほぼ単発にCSを使った点
  • Gravity Well自体の用途

開始後に一切Breakbarを壊さない作戦だったのを思い出して、Gravity Wellをいつどう使うか迷いました。Breakbar以外の時にGorseval本体に使えば良かったと思います。CSでQuicknessコンボに必要なスキルのCDも巻き戻ってしまった為、Quicknessが切れ易くなります。Gorseval本体へのダメージを稼いでいる時ではなかったのでまだ良いんですが、これならCS自体使わなくて良かったと思います。

いやしかし、4体同時ホールドは慎重派()の僕としては怖いです。もうやりたくない...No updraftのCSの使い方は、ちょっと考えよう。別にqTのビデオでも見れば良いんですが、ビルドから戦術の細部まで全て誰かのコピペではつまらないので。

───────────────

なおSabは2~3回ほどやって、あっさりお開きになりました。というのも、ここに来るまでに何だかもう、疲れているようでした。Gorsevalの様子を見た限りでは、これならSabも余裕かなと思いましたが、駄目。Gorsevalまでは良くて、Sabで崩れる人が多い?(主にメカニクス対処で)。今回の原因は、定番のSapper bomb見逃しや、Karde出現後にパニックモードになる人の増加。前回成功時は、まだKardeに集中攻撃してくれたから、幾つかTurretを壊すだけで済んだ点が良かったです。Kardeを集中攻撃するのも実は大事で、そうしないと時間経過でどんどんTurretが溜まります。

ちなみに件のウォーリアさんは、前回の聞いてないウォーリアさんとは別人。ウォーリアさん、話を聞かない、読んでない。

GW2 - Matthiasと反射

GuildWars2 Raid

Salvation PassのMatthiasでFeedbackをする機会があったので記録してみました。

Matthiasは人間フォーム時は40秒毎、変態後は60秒毎にBlood Shieldを張るんですが、Matthiasはこの18スタックのBlood Shieldがある間、ダメージを受け付けなくなります。この状態を解除するには、Blood Shieldを張った後に飛ばしてくるBloodstoneの破片をMatthiasに反射し返す必要があります。

主要メカニクスのコメント付き。最初は反射について少し書くつもりが、段々増えてしまった。しかし触れていない事項もあるので、折角だから後で追加しようと思う。

反射は通常Mesmer/ChronomancerがFeedbackで行います。バリアは全スタック剥がさないと再びダメージが通るようにならないので、破片攻撃に合わせて、早過ぎず遅過ぎず丁度良いタイミングでFeedbackを置きます。反射の失敗が多い場合、ダメージが通らない時間が増えてEnrageにもなり易くなります。

■ Feedbackを置くタイミングに関する注意点

  • 人間フォームと変態フォームでは、置くのに最適なタイミングが違う。
  • 人間フォーム時は、バリアを張ったのが確認できたらすぐに置いて良い。
  • 変態フォーム時は、バリアが見えた後すぐには置かない。バリアを張ってMatthiasが宙に浮いた後に、Feedbackを置くと丁度良い。

理由はBloodstoneの発射を始めるタイミングが違うからです。人間フォーム時は、バリアを張ってターゲットの方を向き次第発射を始めます。しかし変態フォーム時は、バリアを張った後に少し間があり、その後宙に浮いてから発射し始めます。

なおFeedbackのCDは32秒なので、通常1人でこなすことができます。しかしフェーズ1(アイス)とフェーズ4(変態後、天候が代わる代わる回ってくる)ではChillを受けるので、あまりにChillを受けている時間が長いと、CDが間に合わない可能性も。

この時は失敗はありませんでしたが、仮にFeedbackが出せなかったり、タイミングを誤って剥がし切れなかった場合、Matthiasはすぐに次のBloodstoneの破片攻撃をしてきます。その回は他にReflectを使える人が、一時的にカバーすることができます。そして次の定期Blood Shieldには、再びFeedbackが上がっているはずです。

■ Projectile反射スキルと破壊スキルの区別をつける

  • GW2にはProjectile対応スキルでも、反射と破壊がある(案外区別のない人が、結構いる)。違いを知らないとBlood Shield対処が上手く行かない。
  • 反射:文字通り敵のProjectileを、こちらの攻撃として相手に送り返す(Feedback, Wall of Reflection, Magnetic Aura, Ranger Axe#5など)。
  • 破壊:Projectileを送り返さず、消滅させる(Druid Staff#5, Corrosive Poison Cloud, Mesmer Focus#5など)

Blood Shieldに対しProjectileを破壊スキルを使ってしまうと、ProjectileがMatthiasに返されないので、Blood Shieldのスタックを削ることができなくなります。普通にクリアの成否に関わるので注意。よくあるのはDruidがMatthiasの目の前にStaff#5を置くとか、NecromancerがCorrosive Poison Cloudを使っているとか。Sloth, Bandit Trioで便利なNecromancer。Matthiasでも良いクラスですが、Corrosive Poison Cloudは外します(なおここではEpiも使わない。空いた2枠のUtility Skillは、周囲ではConditionコントロールに使えるPlague Signetと"Suffer!"が使われている)。Mesmerは特にここでOff-hand Focusを使う理由はないので、2つ目のOff-handはFocus→Swordに変更してます。Phantasmal WardenはWarden's Feedbackトレイトを取ることで"反射"に格上げされますが、個人的にそこまでしてFocusを使う理由はないと思います。ここではうっかりランダムに反射を使うことにも、リスクがあります(後述)。

■ ランダムな反射は危険

Blood Shieldの解除には反射が必要な反面、それ以外のProjectile攻撃(WikiにはShards of Rageと記載。ジャンプ後に全方位にBloodstoneを発射する攻撃)は逆にMatthiasに反射し返すことで、MatthiasがBlood FueledというBuff(1スタック辺りOutgoing damageを10%増加)を獲得します。というわけでランダムに反射を出すのは危険。ヒーラビルドのTempestを使っている場合"Aftershock!"のタイミングに注意。

■ Shards of RageにProjectile破壊スキルで対応するのはOK?

理屈の上では、良いです。Shards of Rageの攻撃を防いでくれる上に、Blood FueledがMatthiasに付く心配もないからです。が、現実的には、無理にShards of Rageの破壊を狙うことにより、結局Blood Shieldの反射を台無しにする場合もあります。僕の知る限りでは、敢えてShards of Rageの為だけにProjectile破壊スキルを使うグループは、ありません。最初からProjectile破壊スキルは入れないが無難だと思います。

■ まとめ

  • Projectile反射(Reflect)と破壊は違う。Blood Shield解除に必要なのは反射であり、逆に破壊は反射の妨げになるので使われない。
  • 人間フォームと変態フォームで、若干反射のタイミングが違う。人間フォームはバリアを張った直後、変態フォームは少し間を置いてMatthiasが宙に浮いた後。
  • 反射はBlood Shield時以外には使わない。それ以外の誤ったProjectile攻撃を反射することでMatthiasの攻撃力を上げてしまう。
  • 反射は万が一の為に、2人以上使えるキャラクターを入れておくと良い。
  • 今回はChronomancerでFeedbackをやらせてもらったが、通常はCondition Mesmerが居るならそちらに任せて、Well of Recallを取っている。
  • Condition Mesmerはネタではない。MatthiasではかなりDecent(DPS枠)。

GW2 - ゆるゆるだマン...

GuildWars2

唐突だが、我々JotunとOgreの違いを見て頂きたい。

f:id:blueflake:20170216234115j:plain

明らかに異なると思わないか?仮に我々を一緒くたにする輩がいたとしたら、それはとんでもないレイシスト野郎だ!我々は誇り高きJotun/Ogre!全然違うウゥゥゥ。

(Deimosを倒す)

「えっ?サウルって死んだの?何で?どうやって?」
「ダレッシオはEyeのせいで、正常な寿命を超えても死ねなかったんだよ」
「ふ~ん」

~数日後~

「わーいWP(Wooden Potato氏の略)がRaidのLore動画上げてる~!やった~!」
(Loreとか好きだったのか。知らなかった)(感心)

~数日後~

「(Wing 4-3について)OgreとHumanがいるから、Humanの方をノックバックしてバリアの中に押し込んで、Ogreを攻撃するとHumanの方のHPも減って...」

(えっ?)

~数時間後~

「そういや彼、OgreじゃなくてJotunだよ」
「えっOgreだったの?メカニクスに集中してたからよく見てなかったlulでもまあどっちがOgreかは分かるよね Humanじゃない方だからパッと見で分かるlul」
「うん。そうだね(ん...?)」

最後に今一度、我々の違いを見て頂きたい。

f:id:blueflake:20170216234115j:plain

やったーLoreビデオだー!Lore大好きー!でもOrgeとJotunのちがいはしらない!

?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!

僕もそんなにLoreは詳しく見ませんが、流石にJotunとOgreの区別がなくてLore好きってのは100%無理がある気がするマン...まず生息地が違う。どう見ても有名人の動画だから見とくミーハーです本当にありがとうございマン...

(数日後)

「えっ?サウルってあの台の真ん中で死んでたの?気付かなかったlul」
「」

GW2 - 禁じられた果物あーくでぃーぴーえす

GuildWars2

やっぱりちゃんと書こう。いや、さわりだけなんですが。

■ あーくでぃーぴーえすって何

文字通り基本DPSメーターだけど、色々機能がある。

  • 個人DPSとそのスキル別内訳
  • チームDPS一覧
  • Boonアップタイム
  • ヒーリングとその内訳...など 

過去にあったが、廃止された主な機能。

  • ギアチェック
  • トレイトチェック

■ リーガルなのかイリーガルなのか

最近までユーザー間ではイリーガルと認識されていました。が、最近のAMAで(条件付きで)実質OKという回答が出てます。故に新しいバージョンに関しては、使用は問題ないと思います。少なくともBANはされないでしょう。しかし誰も責任は取りません。2017年2月AMAの、DPSメーターに関する質疑応答部分。

ChrisClearyのコメントから一部抜粋

We have no problems with players using a 3rd party tool whose scope is only to collect and visualize combat data gathered directly from the game client. Anything beyond that scope is still considered a violation of the User Agreement.

サードパーティツールを使用して、ゲームクライアントから直接コンバットデータを収集・可視化する目的のプレイヤーに関しては、我々は問題ない。その範疇を超えるものに関してはUser Agreementに反するものと見做される、という趣旨。

You are correct. Combat data is defined as any information that is created due to the usage of skills or impact on players due to skill usage (by the player/s or an outside source). Edit/Update: These statements are particularly targeted at a "DPS Meter" or functionality built around the capture of combat data. Features outside of that most likely fall under "Quality of Life" changes and should be removed from DPS meters if they want to be considered compliant with our rules.

ではDPSメーターは使用して構わないのですか?というプレイヤーの質問に対する回答。実質的にOKと言っている。が、それ以外の"QoL機能"に関しては、取り除かれるべきだと述べている(おそらくギアチェックなどのこと)。

Yes. Player equipment (besides Sigils's activating and the boons/damage associated with them) does not fall within the realm of combat data. Others have implemented a solution for this using the APIs we provide rather than client data, I would suggest using that instead.

そうだね、ギアチェックはコンバットデータとは見做されない。代わりに公式APIキーの使用を提案する。実質的に、ギアチェック機能は駄目だと言っている。その後あーくでぃーぴーえすからギア・トレイトチェック機能は取り除かれた。

■ 公式でこれ系のツールは出してないの

ないです。ないのでどこかの誰かが作りました。現時点でANetが自ら出す予定はないそうです。主な理由は、メンテナンスの都合とかだった気がする。

■ 項目多過ぎどれを優先して見るべきか

ゲーム内で全てを見る必要はありません。かえってゴテゴテ表示し過ぎることで、集中が妨げられるかもしれません。多くの人はグループDPSメーターを表示していると思います(しかもだいたい、興味本位で...)。ゲームプレイ中は最低限見たいものだけを表示させて、詳細は後でログを眺めれば良いと思います。

■ ゲーム終了後に詳細なコンバットデータを見る

僕が個人的に使用しているのはhttps://padl.tk/です。Document->arcdps.cbtlogsにレイドボス毎のログが保存されています。これをアップロードする。非常に楽。

ボスID
 Vale Guardian  15438
 Gorseval  15429
 Sabetha  15375
 Slothasor  16123
 Matthias  16115
 Keep Construct  16235
 Xera  16246
 Cairn  17194
 Mursaat Overseer  17172
 Samarog  17188
 Deimos  17154

Banditは未対応とのこと。まあボスらしいボスではありませんからね。Escortはログすら残りません。そしてアップロードすると、どうなるのかというと...ああ、あーくでぃーぴーえすの更新に伴いリニューアルされていました。そしてBoonアップタイムが見れなくなってました。残念。今週中に復帰を目指すとのこと。

■ DPSチェック機能使用上の注意

作者はページに詳細を書いていますが、多くの人が目当てにしているであろうDPSチェッカーの使用に際し、最低限知っておきたいこと。

  • ADPS表示にしないとConditionによるダメージがカウントされない。
  • 左は全ての敵へのダメージ、右は現在の優先ターゲット(つまり基本的にボス)への数字。左はTempestなど広範囲AoE攻撃が多いクラスが必然的に高くなる。故にそれらは見栄えし易いが、右もよく見ること。
  • DPSが低い・高いクラスがあるので、大体の順を知っておく。
  • DPSチェッカーが全てではない。サポートロールの出来も推測するなら、先程話に出たログを利用すると良い。

ロール別"こうなるべきであろう"的DPS順

  1. DPS
  2. サポート&セミDPS(PS Berserker等)
  3. Chronomancer
  4. Magi, Minstrelヒーラー

つまりあなたのチームのChronomancerのDPSが低いから、価値が無い、という結論になってはいけない。もしChornoをプレイしていてPS WarやEleよりDPSが高いなら、それはあなたが凄いのではなく、グループ内のWarとEleの水準が低いからです。

DPS比較参考(実戦でこの数字が目指せるわけではない。状況次第で有利なビルドも違う)
http://www.qtfy.enjin.com/dps 

DPSチェッカーは俺スゲー気分に浸る為のものではなく、データで客観的に個人・チームの状態を見ることによって、パフォーマンス向上に役立つ"かも知れない"ものです。積極的にReviveしに行けば当然個人DPSは下がるし、メカニクス対処に見向きもせず個人DPSの数字だけに執着しているのが良いプレイヤーとは限りません。視野狭窄にならず、あくまでプレー改善のヒントの1つとして、役立てて下さい。

■ でどこにあるの?

自己責任でどうぞ。
https://www.deltaconnected.com/arcdps/

GW2 - もう1つのForsaken その2

GuildWars2 Raid

その2はGlennaと可能な会話等。

  1. Cairnクリア前のGlennaとの会話(2回目で会話が1つ、被っているけど)。
  2. Deimosクリア後のGlennaとの会話+エンディングムービー。
  3. Deimosクリア後、南部地下室(Chamber of the Guilty)に侵入すると発生。
  4. オブジェクト調査。これを正しく読んでいくアチーブメントがあって、それで台詞が変化する可能性もある。まだ50%しかやっていないので詳細は不明。

1と2の中間(Mursaat Overseer, Samarog, Deimosクリア前)に会話が変化するかは、今回確認しなかった。来週出来たら確認してみよう。

追記:Mursaat Overseer, Samarog前に会話が変化することを確認。しかし録画する時間は無かったので、やはり来週だな...